ニュース

2018年8月の記事一覧

エンパワーメントプログラムが始まりました!

本日から17日(金)まで、5日間の日程でエンパワーメントプログラム(国内留学)が始まりました!2回目となる今年度は、1・2年生68名が参加しています。
ハーバード大学、カリフォルニア大学等世界トップレベルの大学(院)で学ぶ学生・院生13名と1対5人程度の少人数で、東京オリンピックに向けたボランティアプランやエネルギー問題、少子高齢化問題などグローバルな社会課題をテーマにグループディスカッション・プロジェクトワークを行います。会話はもちろんすべて英語です。Fホールはオープニングセレモニーの段階から、ワクワクドキドキでいっぱいです。
事前準備にしっかり取り組み、プログラムに参加した生徒たちの英語表現力の向上のみならず、主体性や使命感、クリティカルシンキング、ロジカルシンキング、コミュニケーションなどの力が大いに鍛えられるものと期待しています。






NEW サイエンス教室 in 越谷市科学技術体験センター

8月12日(日)に越谷市科学技術体験センターにて,小学生向けのサイエンス教室を行いました!
サイエンス教室には,SSC物理班,化学班,天文班,数学班が体験ブースを出展しました。
延べ500人の子供たちが参加し,いろいろな科学を楽しみました。



◆ SSC数学班 「ユニット折り紙」
折り紙で多面体を作りました。



◆ SSC物理班「ゆび」
石膏を使って,指のレプリカを作りました。



◆ SSC化学班「スライム」&「人工いくら」
ホウ砂を使って,スライムを作りました。





◆ SSC天文班「バブロケット」
フイルムケースに入浴剤と水を入れ,フイルムロケットを飛ばしました。

数学フェアに行ってきました

8月9日, 10日の2日間にわたって, 埼玉県数学フェアにSSC数学班の生徒が参加しました.
事前課題と当日課題に取組み, 他校と数学の問題を解き合いました.
事前課題はサッカーの試合などで良くお目にする仮想広告を数学的に解析し, 作成するもので, 我等が数学班も力作を引提げて臨みました.
ベクトルを用いて対応する点を計算し, 立体的に見える平面の看板を作成しました. 1年生にとっては難しかったようですが, 先輩に教わりながら頑張りました.

不動岡高校数学班の作品

当日課題は2問あり, 魔方陣に関する問題と, 整数の分割に関連する問題が出題されました. チームで協力して問題に挑み, 解答を作成し発表をしました.
魔方陣の問題は取組みやすかったようですが, 整数の分割に関する問題は, 無限級数や母関数など難しい話題が出てきて理解が進まなかったようです. それでも懸命に計算しました.

自分たちの解答を説明する様子
自分たちの考え方を他校の生徒にも説明して納得してもらいました.

結果は, 男子チームが総合第2位, 女子チームが部門賞を頂きました.
考え方がとてもユニークであったと講評を頂きました.

賞状と一緒に記念撮影

これからも, 様々な問題に取り組んで行きたいと意気込んでいる数学班でした!

SSH 東京大学研究室訪問

台風の影響が心配されましたが、無事に訪問することができました。
11:30 東京大学赤門前に集合し、その後、中央食堂で昼食をとり、研究室へ移動しました。

東京大学大学院理学系研究科 教授 鍵 裕之先生 平田 岳史先生の研究室を訪問しました。

鍵先生の研究室では、常温で氷を作る実験を行いました。
氷の結晶には温度や圧力によって様々な結晶構造があることを知りました。
今後、さらに新たな結晶構造が発見されるかもしれないことに、ワクワクしました。


平田先生の研究室では、隕石に含まれている成分の検出装置を見学しました。
微量成分を検出できることに驚きました。
隕石から宇宙について考えるよい機会となりました。