お知らせ

2024年4月の記事一覧

対面式・校歌練習・部活動紹介が行われました

本日は、対面式が行われました。

先輩からの拍手とアーチの歓迎で入場した1年生が加わり、1年生から3年生まで揃いました。

お互いに挨拶を交わし、一年生は不動岡高校の一員となります。

それから新入生第一の試練!?「真の不動岡生」への第一歩として、吹奏楽の演奏で音楽部、応援部の指導の下、一緒に校歌、応援歌練習に励みました。不動岡の象徴でもある、伝統の校歌と応援歌を声たからかに歌うと気持ちがいいですね!

 

不動岡高校では、運動部・文化部合わせて40を超える部活が活動しています。

部活動紹介では、個性あふれる動画での紹介や、こだわりのパフォーマンス披露も、不動岡高校の名物であります!

部活でも不動岡で青春を!

 

 

 

不動岡高校 令和6年度の幕開けです(始業式・入学式)

4月5日(金)、午前は着任式・始業式が行われました。

始めに、着任式では、今年度新たに本校に着任した教職員の紹介と新着任者代表からの挨拶ありました。

続いて行われた始業式において、関根 憲夫 校長の講話では、校訓である「質実剛健」「文武両道」「不撓不屈」「進取の気風」を改めて捉え直すことの意義について語られました。

午後は、第139回生の入学式が行われ、 358 名の入学が許可されました。新入生は不動岡での新たな生活に緊張した様子でしたが、皆元気よく呼名に応え、新たな一歩への期待が大いに感じられました。がんばれ、139回生!

(新着任者紹介)

 

(応援団と吹奏楽部とともに校歌斉唱)

(入学式 音楽部による校歌披露)

(入学式 吹奏楽部による歓迎の演奏)

(入学式の様子)

(新入生代表による力強い誓の言葉)

(139回生学年団の紹介)

ドイツ研修に行ってきました

3月23日から30日まで、令和5年度1・2年生、19名がドイツ研修に行ってまいりました。

サンクトゴア、ケルン、ボン、ドルステンドルトムント、フランクフルトと様々な都市を周り、最後はNeue Schule Dorstenを訪れて学校交流を行いました。

サンクトゴアにてライン川フェリーを下り、岸壁にある古城を見学、ケルンでは世界遺産ケルン大聖堂に入り、修道士から英語で説明を受けました。ステンドグラスの美しさと優美な彫刻の数々に圧倒されました。

学校交流では、日本から用意してきたスライドを使い、日本文化紹介を英語で行いました。折り紙のプレゼンテーションでは、実際に英語で折り方を説明しながら、現地の生徒や先生に兜を折る体験をして頂き、好評でした。

現地校の生徒たちも3つのワークショップを用意してくださっており、布にSDGsのロゴを描き旗の作成をするグループ、再生紙でビーズアクセサリー作りをするグループ、クイズラリーをするグループにわかれ、現地校の生徒と英語で話しながら交流する姿が見られました。

 

生徒たちは8日間の研修を終えて、一回り成長したように感じられました。今後の活躍がとても楽しみです。ケルン大聖堂にて