ニュース

2017年4月の記事一覧

本日のSSH

学校設定科目「SS情報」の最初の授業で「科学的探究とは何か」を実感してもらうために「BLACK BOX」を使った授業を行いました。詳しくはSSHニュースに掲載します。

本日の国際交流

本日は、台湾の国立中山大学付属国光高級中学校より40名の訪問団が来校されました。
午前中の2校時間、本校外国語科生徒を中心に交流し、相互の文化の違いを体感するとともに、両校生徒の第2言語である英語を介した交流により、英語活用の実践場面となる貴重な時間を過ごしました。
台湾の文化は親日的であり、郭啓東校長先生は2年に1度は交流事業等で来日していらっしゃるそうです。
該当校は、母国のSSH事業の指定を受けており、本校は、第2期SSHの指定を受けたことが縁となり、今回の交流となりました。




インターネットに係る講演会

本日は、埼玉県警察本部より講師をお招きして、『インターネットセキュリティー・サイバー犯罪に遭わないために』と題した講演会を実施しました。
前半にはDVDを視聴、同世代の登場人物が出来心からインターネット上にいたずら書き込みをした結果、事態が大きく問題化するドラマを通して、ネットマナーについて考えました。
後半では、スマートフォンを利用する上での注意点を、実例を交えて講演して頂きました。
最後の質疑応答では、ウイルス感染100%防ぐ方法はないながら、対応方法について丁寧に御説明頂きました。
本日の講演のキーワードは、『書き込む前・接続前に「大丈夫か?」の確認を』。
今後も、注意深くインターネットを利用していきたいところです。

花丸 環境安全とリスクに関する自主研究活動支援事業

平成29年3月12日(日)に東京大学工学部で行われました「高校生による環境安全とリスクに関する自主研究活動支援授業 生徒発表会」に参加し、最優秀賞を受賞しました。

発表内容は、不動岡高校周辺を流れている会の川の環境についてです。
水質・環境・歴史の多面的な視点で調査研究を行いました。

本日のSGH

本日は、マレーシアより視察訪問団が来校されました。
これは、マレーシア政府観光局の御紹介により実現したもので、現地側の主催はマレーシア国民大学(UKM)によるものです。
本校のSGHでは、マレーシアでのフィールドワークを行っておりますが、こちらUKMでの活動実績があり、本日の御来校に結びつきました。

写真①
プログラムの内容は、新入生対面式での来校のご紹介(写真①、②)、キャンパスツアー、外国語生徒との交流会(写真③)でした。
終了式では、両校代表の挨拶と記念品交換や修了証の交付式(写真④、⑤)を行いました。
今年度もSGHフィールドワークで本校の研修団が現地を訪問する予定となっており、両国の交流が更に発展することが期待されます。

写真②

写真③

写真④

写真⑤

集合写真 『訪問団と本校2・3年外国語科生徒』

対面式を行いました。

昨日の入学式に続き、本日は在校生が新入生を迎える『対面式』を行いました。
生徒会長の井上周征君(3-5)の歓迎挨拶に応えて、新入生代表の中村優希さん(1-9)は『高校生活にいち早く慣れ、憧れの本校での生活を充実させたい』と、決意を表明してくれました。



対面式の最後には、校歌練習を実施、新入生は自信あふれる堂々とした大きな歌声を披露してくれました。
その後には、恒例の『応援部主導による校歌・エール練習』が行われました。これは、式典時や大会での応援時など、
生徒が不動岡生として一致団結する瞬間です。いち早く本校生となるよう、熱い指導が行われました。
そこでの少々緊張感をやや残しながら、エール練習の後に行われた新入生歓迎特別公演(応援団や生徒会、有志部活動団体による)では、不動岡パワーに引き込まれ、これからの学校生活が一層楽しみとなる機会となった様子です。


第132回生が入学しました。

本日、平成29年度前期が始業しました。
午前中は、新2・3年生が登校、始業式を経てから新入生を迎える準備にあたりました。
午後13:00、平成29年度入学式が挙行され、普通科326名・外国語科41名の入学が許可されました。
校長式辞の『夢を叶えるために必要なこと』や、御来賓祝辞の『厳しい入試を潜り抜け、晴れて不動岡生となった誇りを持ってほしいこと』を受け、生徒代表で小林拓真君(1-2)は力強く『大きく成長すること』を誓ってくれました。
132年の伝統を踏まえた新しい挑戦に向けて、共に頑張りましょう。

写真①  式場まで部活動単位での生徒による歓迎

写真② 新入生出身中学校の皆様や関係自治体の皆様他、祝電をいただきました。

写真③ 開式前の様子

写真④ 担任団の紹介

写真⑤ 校長より保護者へ御挨拶