ニュース

2017年1月の記事一覧

本日の国際交流

本日は、台湾より嘉華高級中学の先生方と生徒さん一団42名が来校されました。
埼玉県が進めるインバウンド事業の一環として来日、昨日の水上町訪問に続いて、
本校に終日滞在されました。
嘉華高級中学では、第3外国語まで学習しているそうです(英語・スペイン語・フランス語)。
本校生徒とは英語を介してコミュニケーションを図り、歓迎式の後、キャンパスツアー、嘉華校による
ティーセレモニー、学食での会食後、本校授業体験、本校のプレゼンテーションという内容で
交流が進みました。
生徒達は、双方の文化の違いに触れ、充実の一日となった様子です。
   
 

SSH生物「菌類のカタチの観察」を実施しました。

  1月14日と一週間後の21日の二日間を利用してSSH生物「菌類のカタチの観察」実習を実施しました。
初日
(1/14)は、菌類の分類についての講義と培養の準備、さらにニホンコウジカビ(日本酒づくりに必要な種)をシャーレに移植して持ち帰り、家で培養しながら菌の成長を観察しました。二日目(1/21)はスライドカルチャー法で培養した菌類(特に,カビ)を実体顕微鏡と光学顕微鏡で観察しました。一般的にカビというと、汚いとか迷惑な生き物というイメージで受け取られますが、実習が終わった生徒からの感想には、<カビ>に対する愛着すら醸しだされていました。
   

 

    

 観察した菌類<カビ> 英字は学名

  Aspergillus oryzae<アスペルギルス・オリゼー>

                (ニホンコウジカビ、キコウジカビ)

  Cladosporium cladosporioides (クロカビの仲間)

  Eurotium repens(コウジカビの仲間)

  Mucor mucedo (ケカビ)

  Neurospora crassa (アカパンカビ)

  Phycomyces nitens (ヒゲカビ)

  Rhizopus stolonifer var. stolonifer(クモノスカビ)

  Trichoderma reesei (トリコデルマの仲間)

  Alternaria alternata  (ススカビ)

 Fusarium oxysporum(エンドウ萎ちょう病菌
 

<生徒の撮影した画像>(画像を圧縮しています)

     

<生徒からの感想>(一部抜粋)

・今まで、カビは苦手で少し遠ざけていたが、私たちの生活の身近なところにあり人間に役に立つカビも多くいることが分かりカビに対する見方が変わった。

・ススカビを顕微鏡で観察した時、名前と見た目のギャップ(キレイ!)の違いに驚いた。

・今、Penを握っている手にも菌がウジャウジャいるのに、同じ仲間のカビが美しいことが分かり良かった

・シャーレに移植したコウジカビを家で培養していると、毎日の成長が楽しみでとても愛しく感じられる存在になりました。


本日のSGH

本校のSGHでは、生徒の課題研究として、次のような設定で実施しています。
※多文化共生時代を迎える将来に、我が国が移民を受け入れたときに想定される課題を設定し、その解決策を考察する。
本日は、同窓会主催の講演会のために来校された県教育委員会教育長の関根郁夫様と高校教育指導課の羽田邦弘課長様に列席頂き、研究の成果を発表し、ご講評を頂きました。
ハラル食を学校給食に導入する提案、マイノリティー対策提案、日本語を介さない連絡文書テンプレートの提案を実施し、教育施策として実現するまでのハードルや、教育行政上の課題にまでお話が及び、考察を深めることができました。
 

ポプラカップ(校内スピーチコンテスト)を実施しました。

本日、第27回不動岡高校ポプラカップを実施いたしました。
この英語によるスピーチコンテストには、1・2年生の普通科・外国語科の生徒16名が参加し、それぞれの体験を踏まえた内容の濃い5分間のスピーチプレゼンテーションを披露しました。
歌あり、踊りあり、身振り手振りを交えた迫力のスピーチで、観覧した生徒や職員に感動を与えてくれました。

コンテストへのエントリーは、外語科の「英語表現」の授業において予選を勝ち抜いた生徒と、普通科の希望生徒です。
コンテストの審査時間の間、以下の発表が行われました。
審査時に生徒による発表
      ・異文化理解発表          ・アメリカ研修発表

      ・中国語スピーチ           ・留学体験記(ホンジュラス等)

【結果発表】コンテストの入賞者は、以下のとおりです。
優  勝 2-9(外国語科)  渡邊叶実さん
準優勝 1-9(外国語科)  栗原玲菜さん
第3位  1-2( 普通科 )   細川響生くん
第3位  1-5( 普通科 )   松原千夏さん
特別賞 1-9(外国語科) 関口いずみさん
特別賞  1-9(外国語科) 三井亜仁紗さん
 

   

音楽大学等受験試演奏会(音楽会)を実施しました

本日の放課後、標記演奏会を実施しました。この会は、音楽系大学受験を控えた3年生の試験を前に、演奏会のステージに立って発表することで、技術や心構え上の課題を見つけ、本番に向けた準備の材料を得ようとするものです。

進学希望先はそれぞれですが、例年、複数の生徒がこの会を経たのち、教育学部系列などへ進学しています。
センター試験が終わり、更に追い込みがかかるこの時期ですが、多くの3年生が応援に参会してくれました。受験は団体戦、これが不動岡の態勢です。
『緊張感の下の演奏で、課題が明確になった。試験当日までに修正をかけます』と、力強い挨拶の言葉が演奏生徒からありました。
  
左から、音楽科浅井教諭、クラリネット独奏小暮君、ピアノ独奏、メゾ・ソプラノ独唱関口さん、同、泉水さん。

本日の国際交流(UKMマレーシア国民大学 ご来校)

本校が推進するSGHでは、マレーシアでのフィールドワークもございます。
本日は、現地でお世話になっているUKMマレーシア国民大学の方16名が来校されました。
日程は、( →→→ 続きを読むへ )
歓迎式、施設案内、UKM側プレゼン、部活動披露、生徒相互交流、部活動見学などとなっております。
文化交流をはじめ、日頃培っているコミュニケーション力を実践できる貴重な機会となります。
●写真は上段左から、校長挨拶、UTM引率SHAZLINDA先生、UTM学生自己紹介
 校歌披露(合唱指揮:応援団長)、施設案内、UKMプレゼン支度中の先生とUTM学生、筝曲部の演奏、演奏後の交流、剣道部の演技、演技後の交流、UKMパフォーマンス、UKMプレゼン、相互交流(レク)、記念品交換、集合写真

     
        

2月4日(土)実施 生徒研究発表会のご案内(SSH・SGH)

本校は平成23年度文部科学省スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定され、「科学的素養の育成」をテーマとして様々な取組を進めてまいりました。また、平成27年度には文部科学省スーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定も受け、「国際社会で活躍できるグローバルリーダーの育成」に取り組んでおります。

 

つきましては、今年度のSSH事業及びSGH事業取組の集大成として、下記のとおり生徒研究発表会を開催しますので、御案内申し上げます(以下、『続きを読む』へ)。

≪お申込みについて≫
生徒発表会のお申し込みは、本校HPのトップ画面から、入力『登録フォーム』にお入りください。


                記

1 日  時  平成29年2月4日(土)午前9時30分から午後1時まで

 

2 会  場 「パストラルかぞ」大ホール(〒347-0006 埼玉県加須市上三俣2255

 

 

                   *所在地等に関しては「パストラルかぞ」ホームページをご覧下さい。
 
                      http://www.kazo-city.or.jp/pastoral/map.html

 

3 日  程

 

 

      受  付        9:10~ 9:30 

 

  生徒研究発表(SSH)  9:30~11:25(休憩15分を含む)

 

  生徒研究発表Ⅱ(SGH) 11:25~13:00 

 

放射線実習セミナーを行いました

 土曜公開授業の本日、1月7日(土)、2年次生を対象に、(一財)日本原子力文化財団のご協力による放射線実習セミナーを行いました。 


東京都市大学工学部原子力安全工学科 特任教授 持木 幸一 先生による講義

内容は以下のとおりです。

 (1)講義  11:25~12:25  2年次生全員対象 
    「放射線のはなし」 
    講師    東京都市大学工学部原子力安全工学科 特任教授 持木 幸一 先生

 (2)実習  13:15~16:30  2年次理系物理選択者97名対象
     1 霧箱による放射線の観察
     2 β線の磁石による偏向
     3 β線の物質による吸収
     4 自然放射線の測定
        指導者   東京都市大学工学部原子力安全工学科 特任教授 持木 幸一 先生
           東京都市大学工学部原子力安全工学科 教   授 河原林 順 先生


東京都市大学工学部原子力安全工学科 特任教授 持木 幸一 先生による講義




実習1  霧箱による放射線の観察