ニュース

2016年7月の記事一覧

進路講演会を行いました。

7月4日(月)、3年生の全生徒を対象に、進路講演会を行いました。
講演題 : 『世界は意味であふれている』
講  師 : 大島保彦先生(駿台予備校・英語講師)


当日は、受験生の心理を知り尽くした大島先生から、ユーモアたっぷりに、『意味』をキーワードに
以下の内容のお話を伺いました。
①出題の意味 
… 例えば英語長文問題、内容正誤問題の選択肢。ここで使用されている語は、『この難易度の語彙が
  分かっているように』とする大学からのメッセージの意味。
②学習することの意味 
… 例えば文系を目指す人にとっての数学について。人は何かを伝えたいもの。工夫するが、なかなか
  伝わらないので何とか工夫をして伝えようとする。
  例えば、数学とは数式で表現した文章を相手に、論理的に伝えようとする学問。文系でも数学を学習
  する意味は、ここにある。
③勉強の意味 
… 高校で今やっていること、勉強も部活も行事も、すべて将来の自分の生活に直結している。そして、
  突然の夢との出会いがあるもの。その時になって「あ、準備していなかった!」と後悔することがない
  ように、今なすべき努力により、力を着けておくこと。
④間違いの意味 
… 人は間違いを恐れる。企業なら、何億円もの損失になる。受験生も同じ心理に陥りがちだ。しかし、
  恐れることなかれ。例えば、DNAは完全複製に失敗したから、単一生物の世の中ではなく、世界各地
  に多様な生物が繁栄している。
  あなたの、その間違いが大切。次の自分になれるのだから。

外国語科サマーセミナー始まる!

外国語科では、1年生を対象にサマーセミナーを行っています。
今朝、学校に集合した生徒41名は、元気に志賀高原に向けて出発しました。

   内容はこちら →→→  サマーセミナー日程表.jpg

 ※学年9クラスのうち、普通科8クラス、外国語科1クラス構成です。
 
セミナーの目的は、ネイティブ・スピーカーとのふれあいや言語活動講座を通じて、
実践的な英語運用力の向上を目指すとともに、外国の文化や習慣などを学ぶことにより、
お互いを尊重する態度(コミュニケーション力)を育成するものです。
今回は、大学での留学研修生(東京大学など)7名をお招きし、長野県山ノ内町の志賀
ホワイトホテルで研修を行います。
英語漬けの3日間により、英語運用力を高めること、不動岡生徒としての自覚と責任感が
成長することが期待されます。

ニヒヒ SS数学ユニットを行いました。

 7月19日(火)~21日(木)までの3日間,埼玉工業大学の井門俊治特任教授をお招きして,SS数学ユニット「数学におけるシミュレーションと可視化」を行いました。
 数学の時間に学んだ「三角関数」をAVSというソフトを使い,3Dに可視化することなどを行いました。ユニット後のアンケートでは、「三角関数の理解が深まった」「最初はとても不安だったが、とても興味深く取り組むことができた」などの感想がありました。
初日の様子(EXCELの基礎の勉強)

二日目の様子(3Dの仕組みなどを学ぶ)

三日目の様子(EXCELで作ったグラフをAVSを使い可視化する)

救急法講習会を実施しました

本校記念館において、埼玉県東部消防組合加須消防署の方を講師にお招きし、救急法講習会を実施しました。
各部活動を代表して参加した生徒たちは、熱心に実技講習に取り組み、保健の授業で学んだことを実践していました。
救急車が来るまで平均8分・・・この間の心肺蘇生法で命を救うことができます!

夏季補習が始まりました。

『夏を征する者、受験を征す!』
3年生の熱い夏が始まりました。
  3年生の補習日程はコチラ → 
        → → 
夏季補習(3年).jpg


全学年補習(受講希望者による)が本日から1週間(5日単位)、3年生の進学補習は、更に3週間
を加えての計4週間に渡り実施されます。
写真は、『0時間目』で、朝7時45分頃の様子です。左から、古典と数学の講座です(3年生)。
左下の写真は学習室の様子、日常的に早朝学習の習慣化が、この夏にも威力を発揮します。