日誌

大会報告

先日、学校総合体育大会が行われました。

3日間にわたり行われた今大会では、1年生から3年生が出場しました。

自己の限界に挑むという孤独であり過酷なスポーツではありますが、

部員は声援ができない中でも拍手で応援したり励ましあいながら、それぞれのベストへと挑んできました。

3年生にとっては最後のレース。

泳ぎ終わった後の凛々しくもあり清々しい表情にはやりきったという思いが伝わってきました。

 

その中で、松原聖奈さんが200m個人メドレーで8位入賞を果たし、関東大会に出場が決定しました!

2年前、同じ会場でレース終了後に悔し涙を流していたときのことを思い出し、感慨深くなりました。

涙は人を強くする!並々ならぬ努力をして手に入れた関東大会の切符だったでしょう。

自己ベストへ向けて精一杯頑張ってきてほしいです!

 

 

 

タグ {{tag.name}}