SGHニュース

異文化理解 「なぜ今 多文化共生を考えるのか」

 外国語科2年次の異文化理解の授業で4月22日金曜日3時限目に埼玉大学から桐谷正信教授をお招きし、「なぜ今多文化共生を考えるか」についてご講演いただいた。「多文化共生」というテーマについて学び始めた2年9組だが、日本の人口減少や労働者不足の視点からも、移民受け入れを行い、日本が多文化共生社会になることを意識したようだ。

 ※この講演に参加した生徒のレポートが
   「平成28年度 SGH News Letter No.1」に掲載されています。