SSHニュース

SSHアメリカ研修(3)


アメリカ研修の3日目が無事終了しました。

午前中はタウソン大学のマリンラボに行き、DNAの抽出実験の講座を受けました。
講義・実験とも全編英語の講座でしたが、自分から質問をするなど積極的にやり取りをすることで、問題なく進められました。
実験の最後に抽出した自分のDNAは、ペンダントにして記念に持ち帰りました。
丁寧でとてもわかりやすく、かつ面白い講座をありがとうございました。



昼食を近くのカフェで食べた後に、ジョージメイソン大学に行きました。
ジョージメイソン大学は、国籍を含め非常に多様な学生がいる他、一つの学部の中でアートとテクノロジーを融合させるなど、最先端の

カリキュラムを取り入れている大学でした。
ここではその一部の、ゲームデザインの内容の話を伺い、アートや工学の建物を見学させてもらいました。
また、その際には日本語専攻の大学生に一緒に付いて頂き、道中様々な話をしました。

最後には日本語専攻の大学生と簡単な立食パーティーをし、こちらからも日本文化の紹介、剣道のパフォーマンスなどを行いました。

わずかな時間でしたが、大学生との別れ際はとても名残惜しく、貴重な出会いだったことを実感しました。

最後に夕食のためにショッピングモールのフードコートに寄り、宿泊所に戻って濃密な1日が終了しました。