ニュース

労働法教育に係る試行授業を行いました

 本日(2月2日)第4時限目、1年次政治経済の授業において、「『働く』に関する法と制度の歴史」をテーマに、ジグソー法を用いての試行授業を行いました。
 

 この授業は、厚生労働省から協力の依頼を受け、高校生が労働法や制度を学ぶための学習プログラムの改善を目指して実施したものです。
 生徒たちは、「戦前の日本の労働問題」「国際労働機関」「働く男女の平等」の3つの資料と格闘しながら得た知識を基に、労働者を守る法律や制度について話合い、思考を深めることができました。