ニュース

「高校生国際ESDシンポジウム」及び「SGH校生徒成果発表会」参加

 1118()、筑波大学東京キャンパスにて「高校生国際ESDシンポジウム@東京2015」及び「第1SGH校生徒成果発表会」が開催されました。本校からは13名の生徒がシンポジウムに参加し、その後SGH指定校12校及びインドネシア・タイ・フィリピンのアジア3か国4校が参加するポスターセッションにも参加しました。セッションには全国のSGH指定校の生徒・教員の他、教育関係者も含め、約200名が参観しましたが、本校からは普通科2年生の高橋咲帆さん、竹内博香さん、渡部枝里香さんが「ドイツと日本におけるエネルギー政策」についての研究発表を英語で行いました。各校のさまざまな研究課題に対する取り組みの成果を生徒自身が発表する機会は大変有意義で、今回発表した3人にとっても非常に貴重な経験となりました。

発表準備にて                    研究発表の様子
  

大盛況の不動岡ブース                      質問に答える生徒たち
  

研究発表を終えて                          参加者全員で記念撮影