ニュース

本日のSGH

本校のSGHでは、生徒の課題研究として、次のような設定で実施しています。
※多文化共生時代を迎える将来に、我が国が移民を受け入れたときに想定される課題を設定し、その解決策を考察する。
本日は、同窓会主催の講演会のために来校された県教育委員会教育長の関根郁夫様と高校教育指導課の羽田邦弘課長様に列席頂き、研究の成果を発表し、ご講評を頂きました。
ハラル食を学校給食に導入する提案、マイノリティー対策提案、日本語を介さない連絡文書テンプレートの提案を実施し、教育施策として実現するまでのハードルや、教育行政上の課題にまでお話が及び、考察を深めることができました。