ニュース

本日のSGH

本日の取り組みをご紹介いたします。
総合的な学習の時間『Fプラン』では、SG課題研究Ⅰで市役所各課や地域と連携して、地域の課題について調査・研究し、その解決策を研究してきました。
対象は、2年生普通科と2年生外国語科、計5クラスです。
本日は、1年間の取り組みのまとめとして、研究発表会を行いました。
  
研究テーマは、『うどんのまち・かぞ』の背景や更に普及を図るための方策研究、市のリサイクル率が全国トップ5である背景の調査研究、町おこしのための行政施策提案、異文化交流の観点(ボルダリンクワールドカップが加須市で開催されました)における町の課題と解決策など、地元、加須市の諸課題について研究しました。
この連携では、加須市プロモーション課の皆様に尽力を頂きましたが、今日の発表会へは、職員の方が取材にみえました(下写真、2枚目)。
研究調査を推進する上では、加須市役所の皆様にご協力を仰ぎ、職員の皆様へのプレゼンテーションを行ったり、生徒が研究を進める上での疑問点についてお答え頂くなど御協力を賜りました。
本日は、5会場に分かれて全生徒がプレゼンテーションを行いました。
発表後の質疑応答の時間にはその鋭い質問が続出、発表会は大いに盛り上がりました。