ニュース

不動岡塾プロジェクト始動!

 先日、12月17日(火)、18日(水)の2日間、加須市の昭和中学校、西中学校の数学・英語の授業に生徒がティーチング・アシスタントとして参加しました。

 

 今回、このような企画が実現したのは本校の2学年がFプラン(総合的な学習の時間)で行なっている「地域課題研究」において、加須在住の5人の生徒が「不動岡塾」と銘打ち、この企画を加須市教育委員会に提案したためです。「加須市出身の不動岡生を増やしたい。」、「不動岡高校の魅力を知ってもらい、不動岡を目指して欲しい。」という課題を持って取り組んだ企画が加須市教育委員会と中学校の協力のもと、実現しました。

 

 2日間で教員を希望している2年生が合計で18人参加しました。初めこそ緊張の面持ちでしたが、時間が経つにつれて緊張がほぐれ、積極的に生徒に声をかけ、休み時間まで生徒に囲まれるほどの人気でした。参加した生徒は充実した表情を見せ、口々に「楽しかった」と言っていました。しかし、教えることの難しさも同時に痛感したようです。

 

 自ら考えた企画がこのようにして形になるということは、生徒たちにとっても非常に自信になったのではないでしょうか。忙しい中で受け入れてくださった中学校に感謝し、今後も貴重な経験の場として、継続していければと思います。