お知らせ

授業再開・全校集会を実施しました。

昨日で夏休みが終了し、本日より授業が再開されました。
今日は、午前中に授業や課題テストを行い、午後には全校集会を実施しました。
その内容は、次の3点です。
(1) 壮行会 『吹奏楽部・西関東大会出場』の激励とコンクール曲の演奏披露
(2) 講  話  校長 及び 生徒指導主任より
(3) JICA南アフリカ派遣事業 体験報告講座

(1) 壮行会の様子


本校吹奏楽部は9月10日(日)に新潟市で開催される西関東大会に初出場することとなりました。
出場を前に、同部を激励する壮行会を行うとともに、吹奏楽学部によるコンクール当日の楽曲を演奏を聴きました。

(2 校長講話、他)

校長先生からは、文化や世代の格差からの偏見を入り口に、『自分自身を分析する上での偏見』、つまり生徒自身が自分の可能性について、偏見を持つことなく成長し続けてほしいとするお話がありました。生徒指導部からは、部活動と学習の両立、スマートフォンとの向き合い方、イヤホンを装着した自転車や歩行マナーなど、生活習慣を見直す観点での講話を頂きました。
また、8月から新たに英語のALTが着任しましたので、全校生徒に向けた挨拶がありました。

(3) JICA南アフリカ派遣事業 体験報告講座

夏休み期間中、南アフリカ共和国へ海外支援活動で派遣されていた松村教諭による活動報告会を行いました。
同国は、先進的な教育が行われているものの、理系教育が弱いことから、これを補てんすることを目的に理科の教員が派遣されました。
その派遣チームの通訳者として、英語科担当の松村教諭が随行し、9校の学校や3校の特別支援学校などを訪問し理科の授業を行ってこられました。
現地の子供たちの学習意欲は旺盛で、実験の様子をしっかり見たいと、机の上に乗りあがって授業を受ける生徒がいるなど、とても熱心な様子だったそうです。
本日の報告会では、すべて英語で説明が行われました。
松村教諭は、興味を持った生徒はオリンピックなどボランティアの機会を有効利用するよう、メッセージを発信されました。