お知らせ

ニュース

「外務省高校講座」を実施しました

9月7日(水)本校OBで、在ブルネイ日本大使館参事官の須田敦様をお招きし、外務省高校講座が行われました。

2年生は本校不動岡ホールにて、1年生は教室にてオンライン形式で実施しました。外務省での外交官としての外国との交渉について、また赴任先のブルネイの文化についてお話を伺いました。高校時代の野球部での活躍の様子、体育祭での奮闘ぶりも写真とともにお話しいただきました。

生徒は偉大なる先輩からの言葉を興味深く聞く様子が見られました。放課後行われた座談会では、たくさんの生徒が訪れました。1時間以上にわたり、質疑応答が行われ、国際情勢にかかわる社会問題から、外交官として赴任した際の外国での医療事情など、様々な質問を熱心に聞いていました。

海外になかなか気軽には行けない昨今、国際理解を深めるよいきっかけになったようです。

9/6(火)JICA講演会が行われました

9月6日(火)の5限、6限にJICA千葉デスクの木村明日美さんを講師としてお招きし、「キルギスの現状から考えるSDGs」という演題で1.2年生対象にご講演いただきました。

普段は聞きなれないキルギスという国の現状をクイズなどを交えて説明していただき、今の世界が抱えている現状について理解をすることができました。放課後の座談会にも多くの生徒が参加し、積極的に意見交換をしていました。

今日新しく学んだことを活かし、国内外の社会問題に目を向けてほしいと思います。

7/23(土) 学校説明会が行われました。

本日、今年度初の学校説明会が行われました。

全体説明の他にも校内見学や部活動見学、個別相談も行っております。

不動岡高校の雰囲気を知りたい方、受験での疑問や悩みをお持ちの方等々、何かございましたら説明会に足を運んでいただければ幸いです。

今年度の校内での学校説明会は、あと4回を予定しています。

是非ご参加いただき、受験校選定の一助にしていただければと思います。

 

〔全体説明の様子〕

 

〔個別相談ブースの様子〕

7/22(金) 終業式・表彰式・壮行会が行われました

本日をもって、令和4年度第1学期が終了し、終業式が行われました。

1年生は入学してから早4ヶ月が経とうとしています。

入学時に思い描いていた高校生活を送ることはできているでしょうか。

2年生には後輩ができたおかげか、その背中に頼もしさを感じます。

是非、後輩を引っ張りつつ自分自身を磨き上げてください。

3年生はいよいよ受験勉強が本格化します。

辛い道のりだからこそ周りの仲間と手を取り合い、第一志望合格にむけて切磋琢磨してください。

 

終業式の後には表彰式と壮行会が行われました。

壮行会では、新聞部が全国高等学校総合文化祭に出場することを受け、応援部が主となりエールを送りました。

全国大会での活躍を心より期待しております。

 

勉強に部活動に、頑張れ不動岡生!!!

 

〔終業式・校長講話の様子〕

 

〔終業式・オンラインで講話を聞く生徒の様子〕

 

〔表彰式の様子〕

 

〔壮行会の様子〕

スポーツ大会が行われました。

7/19(火)、20(水)でスポーツ大会が行われました。

今年度から試合をしているクラスのみ応援に参加できるようになり、行事にも活気が戻ってきました。

コロナウィルス感染拡大防止と熱中症対策を行いながらも、充実したスポーツ大会にすることができました。

 

〔男子バスケットボールの試合の様子〕

〔開始早々ボールが挟まるハプニングも・・・〕

 

〔男子バレーボールの試合の様子〕

 

〔男子ドッヂボールの試合の様子〕

 

〔女子バスケットボールの試合の様子〕

 

〔女子バレーボールの試合の様子〕

 

〔女子ドッヂボールの試合の様子〕

 

7/16(土)「 学校説明会 熊谷」が行われました。

7/16(土)に熊谷市中央公民館にて学校説明会を実施しました。

今回の学校説明会では、教職員からの説明だけでなく、

不動岡生から普段の学校生活等を自由に聞くことができる座談会も行いました。

約1時間にも及ぶ座談会では、不動岡高校の魅力をたくさん伝えることができたと思います。

今回の学校説明会を、高校選びの一助にしていただけたら幸いです。

 

〔広報部主任の挨拶・概要説明〕

〔座談会の様子①〕

〔座談会の様子②〕

 

第三回トルコとのオンライン交流を実施しました。

外国語科2年9組の「異文化理解」の授業で、トルコの首都イスタンブールにあるマルマラ高校の生徒とオンライン交流を行いました。

今回で第三回目とる今回は、日本語で交流を行いました。トルコ側からの依頼があり、日本側からは日本のサブカルチャーと公共交通機関についてのプレゼンを行いました。

生徒はスライドの漢字によみがなを付けたり、「やさしいにほんご」を使いトルコの高校生が聞きやすいよう工夫しました。トルコ側からは、イスラムの行事であるラマダンについて6人の生徒が流暢な日本語で説明してくれました。様々な質問が飛び交い、時には笑いが起きるなど、とても良い雰囲気の中での交流になりました。

来年度からは普通科の生徒も「異文化理解」の授業を選択できるようになります。

グローバル探究プログラム EQUALプロジェクト 最優秀賞受賞

6月18日(土)オンラインにてグローバル探究プログラムの全国大会が行われました。

本校からは昨年度実施した課外研修「グローバル探究プログラム」の代表としてEQUALプロジェクトのメンバーが参加し、最優秀賞を受賞しました。メンバーの3名は、英語で自分たちで考案したビジネスプランを発表しました。

審査員の先生方からは、ビジネスプランのターゲットをうまく絞れていたこと、具体性のある解決策が提示できたということが受賞の決め手であったというお話を頂きました。

受賞した3名は、これから総合的な探究の時間で、地域課題研究・異文化理解の探求活動を行っていきます。

文化祭2日目&閉会式が行われました。

6/5(日)に文化祭2日目が行われました。

文化祭初日に引き続き、たくさんの方のご来場、誠にありがとうございました。

生徒たちにとって高校生活での素敵な思い出の一つになったのではないでしょうか。

   

《クラス企画の様子》

 

《応援団と野球部による「不動の集い」》

 

《中庭で演技を披露したダンス部》

 

 

また、6/6(月)に学校祭閉会式が行われました。

学校祭で培ったクラスの団結力をこれからの学校生活に活かしてほしいです。

《閉会式 各学年の優勝クラス表彰》

 

《閉会式 生徒会長の言葉》

6/4(土) 文化祭1日目

本日、文化祭1日目が行われました。

保護者の方・一般の方を事前申込で受け付け、3年ぶりの一般公開での実施となりました。

多くの方にご来場いただくことができ、生徒の嬉しそうな顔が見られました。

本日ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

《開会セレモニー 軽音部などの演奏で盛り上がる体育館》

《受付 メールの提示や受付表の記入、ありがとうございました》

《美術部展示》

《書道部&華道部展示》

《音楽部 Fホールコンサート》

《茶道部 お手前披露》

《箏曲部》

6/2 体育祭が行われました

6/2(木)に体育祭が行われました。

天候にも恵まれ、予定通りの開催となり、また、今年度は全生徒が一堂に会して開会式を行うことができました。

感染拡大防止に加え熱中症予防にも努めながら、団長・副団長が中心となり体育祭を盛り上げている様子が見受けられました。 

 

《障害物競走 見事一位でゴールしたE団》

 

《台風の目の様子》

 

《ムカデリレーの様子》

 

《団長戦 スタートの瞬間》

 

《団対抗玉入れの様子》

 

《団長・副団長による騎馬戦》

 

《団対抗リレーを制したG団 ゴールの瞬間》

 

《今年度の優勝はG団(赤) 優勝発表の瞬間》

5/31 学校祭期間に入りました

5/31(火)に学校祭開会式が行われ、いよいよ学校祭期間に入りました。

今年度は2・3年生が体育館に集まり開会式を行いました。

来年度は全校生徒で行えることを祈っています。

《今年の学校祭テーマ「曙光」を見事に書き上げた書道部》

 

その後、文化部発表会がありました。

箏曲部、音楽部、吹奏楽部の皆さんによる発表はどれも素晴らしいものでした。

《吹奏楽部による文化部発表会》

 

また、今年度は団結式での水風船を行うことができました。

不動岡高校の伝統行事がまた一つ返ってきました。

        《F団の様子》

 

〔お知らせ〕

今年度の文化祭は6/4・5に開催されます。

来場に当たっては、不動岡高校HPよりフォームでのお申し込みが必要になります。

一般来場ご希望の方はお忘れ無くお申し込みをお願いいたします。申し込みは締め切りました

図書館オリエンテーション

メディアセンターより

 本日、新入生のための図書館オリエンテーションを

実施しました。どんどん借りに来てくださいね。

  

 今年度から読書スタンプラリーを始めました。

ぜひ挑戦してみてください!!

  

4/8 対面式&部活動紹介がありました

本日の午前中に対面式が行われました。

今年度は、1年生と3年生が体育館に集まって実施することができました。2年生は残念ながら、感染拡大防止の観点から各教室にて参加しました。1年生の目に3年生の背中はどのように映ったのでしょうか。

1年生代表の挨拶 1・3年生の初対面 教室で参加する2年生

 

また、本日の午後に部活動紹介が行われました。

本校では、学業はもちろん、部活動でも皆さんの大いなる活躍を期待しています。自分自身が興味のある、また自分を大きく成長させてくれる部活動への入部を期待します。

水泳部剣道部

令和4年度 始業式・入学式が行われました

本日、令和4年度始業式及び着任式が行われました。

心機一転、コロナ禍ではありますが、今年度も生徒・教職員ともに協力し、

より良い学校作りに努めて参ります。

 

また、本日、第137回入学式が執り行われ、360名の入学が許可されました。
本日の新鮮な気持ちを忘れずに、充実した高校生活を送ってもらいたいです。

 

 

外国語科1年 スプリングセミナー

3月18日(金)、19日(土)の2日間、本校不動岡ホールにて、スプリングセミナーを実施しました。

外国語科1年生40名が参加し、グループごとに英語でのディスカッション、プレゼンテーションを行い異文化理解を深めました。講師の先生方は、フィリピン、バングラデシュ、パキスタン、ナイジェリア、カメルーン、マラウィ出身の東京大学や上智大学などの日本の大学に在籍する留学生で、二年次から始まる異文化理解の授業の橋渡しとなるような内容で構成されていました。研修中は笑顔と笑いが絶えず、休み時間にも積極的に講師の先生方に話しかける生徒もいました。最終プレゼンテーションではジェスチャーや寸劇を交え、聴衆に顔を向け表情豊かに発表する生徒が多く、夏休みのサマーセミナーと比べて大きく成長した姿が見られました。

来年度の英語研修は、8月に本校不動岡ホールにおいてエンパワメントプログラム、12月に合宿型のウインターセミナーを実施予定です。普通科の生徒も外国語科の生徒も、英語を伸ばすチャンスです!Let's have fun learning English together!

マルマラ高校(トルコ)とのオンライン交流を行いました。

3月15日(火)16:00~17:00

外国語科1年生7名が参加して、トルコ・イスタンブールの公立高校、マルマラ高校とのGoogleMeetを用いて、英語によるオンライン交流を行いました。パワーポイントを使い、お互いの国の伝統や歴史、食文化などのプレゼンを行いました。その後に設けられた質疑応答の時間には、お互いの文化や語学学習について意見交換しました。生徒たちは、トルコの歴史や文化についての説明を受け、異文化に触れる面白さ、人とつながる喜びを感じているようでした。

  

異文化理解発表会を実施しました

3月11日(金)1限~3限において、外国語科2年生が異文化理解の授業において1年間かけて行ってきたグループ研究の成果を報告する発表会を実施しました。獨協大学岡田圭子教授をお招きし、聴衆として外国語科1年生が参加する形で実施しました。

異文化理解の授業では、「多文化化が進む現代日本において、我々日本人は異なる文化をもつ人々をいかにして理解し、共に生きていくことができるか、そしてそのプロセスにおいて生じる課題をどのように解決できるか」というテーマについて9つのチームに分かれ研究を行いました。

発表会では、全チームが英語によるプレゼンテーションを行い、聴衆である外国語科1年生の生徒とも活発に質疑応答する様子が見られました。

令和3年度生徒研究発表会

本日、オンライン配信で生徒研究発表会を実施しました。

生徒研究発表会では、教科・分野を問わずに計12団体の代表が発表をします。本校生徒は配信されたYoutubeを視聴し、Google Meetを通じて質疑応答を行いました。

発表会に向けて生徒は、自分自身で課題を発見し、解決をするために筋道を立てて研究を進めてきました。新型コロナウイルス感染予防をという観点から、予定していたパストラル加須での発表会とはなりませんでしたが、工夫を凝らしながら実施をすることができました。

生徒は多岐に渡る研究を共有し、未知の課題を解決するための新しい視点について考えることができました。

 

グローバル探究プログラムを実施しました。

12月14日(月)〜20日(月)(16日は除く)の5日間で、グローバル探究プログラムを実施しました。

アメリカ人の講師先生からSDGsに挙げられている国際社会問題を学び、visual thinking strategies、design thinking 等の新しい考え方を教えていただきました。

生徒は5日間を通して、グループで身近な社会にある問題を発見し、解決するビジネスプランを考えました。最終日には、オンラインでアメリカとつなぎ、現地の企業(例)Meta(旧Facebook)、Lyftで活躍するビジネスパーソンに英語でプレゼンテーションを行い、フィードバックをいただきました。

アメリカのビジネスパーソンの方々からは、自分の考えを英語で発表できることは素晴らしいとのコメントをいただきました。