ニュース

ニュース

柔道部試合報告

平成22年11月15日、本校柔道部は上尾市にある埼玉県立武道館にて開催された、平成22年度県民総合体育大会兼埼玉県高等学校柔道新人大会に参加し、1年生の小暮優介君が個人戦で3位を獲得しました。

1回戦:勝ち 熊谷高校 高橋選手(袈裟固め)
2回戦:勝ち 立教新座高校 林選手(送り足払い)
3回戦:勝ち 三郷高校 三沢選手 3-0
4回戦:負け 桶川高校 大木選手(小内刈り透かし)

村上育朗先生講演会を開催いたしました。

 11月5日(金)、6日(土)、進路指導において全国的に著名な岩手県立大船渡高校教頭の村上育朗先生をお招きして講演会を実施しました。生徒も保護者も、先生の情熱的で、思考を揺さぶられるような内容に圧倒されながらも、熱心に話を耳を傾けていました。終了後、生徒、保護者からは、多くの好評の声を耳にすることができ、好評のうちに終了しました。
 ○11月5日(金)
   3年生   「『凡事徹底』~社会で活躍できる人になるために」
    1,2年生 「高校生としての『旬』を生きる~進路実現に向けて今なすべきこと」
 ○11月6日(土)   
   保護者   「親としての『旬』を生きる~進路実現に向けて親のなすべきこと」 
 
 なお、保護者講演会は、本校の保護者約110名以外に、春日部高校、越谷北高校の保護者合計約100名も参加して行われました。
 
 《村上育朗先生プロフィール》
  先生は、教科は日本史で「板書をしない先生」として全国の高校・予備校等で授業実践を行っています。人間教育を基本にした進路指導で、生徒の「考える力」を養うことによって着実に進学実績を伸ばしてきました。現在、全国の高校の進路指導担当者、PTA等からの講演依頼が多く、県単位の研修会や高校の講演会、授業研究の講師、教育環境のネットワークづくりの講師として、全国で御活躍中です。
(3年生対象の講演)        
 
(1、2年対象の講演)
 
(保護者講演会)

 

2学年 沖縄修学旅行

 不動岡高校2年生は平成22年10月27日(水)から29日(金)まで沖縄へ修学旅行に行ってきました。台風の接近のため、2日目の日程を大幅に変更することになりましたが、3日目は雨もやみ予定通りの日程で、全員無事に帰宅することができました。

 修学旅行の第1日目は平和学習の日でした。天気はあいにくの雨。摩文仁の丘に到着したとき雨は一段と激しくなりましたが、「平和の礎」前で、旅行委員長の町田君がしっかりと宣言文を読み上げ平和への誓いを新たにしました。 

 

修学旅行3日間の様子を報告いたします。

 

(1日目)

これは出発時の羽田空港での写真です。集合は太陽の塔前でした。740の集合時間に間に合わせるために、生徒の多くは5時台の始発電車に乗ってきました。全員が遅れることなく集合できました。

 

機内の様子です。2時間程度のフライトですが、木枯らし1号の関東から一路沖縄へ。セーターやタイツを脱いで沖縄の服装に変身した生徒もいました。

 

平和宣言

「今朝埼玉を旅立ち、私たちは今、沖縄本島南端の「摩文仁の丘」に立っています。沖縄といえば、きれいな海、そしてかつて琉球王国として繁栄した独特の文化をもった場所です。しかし、その平和な沖縄に、今から65年前の4月1日。54万8000人のアメリカ軍が上陸し、太平洋戦争で唯一の地上戦となった沖縄戦が始まりました。私たちは今、かつて戦場だった場所に立っているのです。 ー中略ー 私たちの沖縄の旅はこの摩文仁の丘から始まります。2泊3日という短い旅ですが、この旅を通じて、私たちは沖縄戦のこと、現代の沖縄のこと。そして平和ということの意味、また沖縄の自然や風土の素晴らしさについて肌で知り、そして考え、それを次の世代にも伝えていくことをここに宣言します。」

 

壕(ガマ)見学を実施しました。まったく光のないガマの中は、懐中電灯を消すと本当に真っ暗でした。このような中で極限的な生活を強いられたその気持ちの一端を実感することができました。



 

(2日目)

 修学旅行の2日目は、台風の接近のため大幅な日程変更を余儀なくされました。当初の計画のマリン体験は中止、目的地別タクシー研修の計画も見直し、行動は午前中のみにして全員が美ら海水族館に行くことにしました。朝食後、生徒全員にそのことを告げましたが、不動岡高校生らしく冷静に受け止めてくれました。登山家の「名誉ある撤退」の話も係の教員からありました。

 午後1時半には全員無事に帰館いたしました。雨にも風にも負けず、お土産までも買って帰館する生徒たちは普段以上に元気でたくましく見えました。

 午後の時間はそれぞれの部屋でトランプに興じたり、ゆっくりと語らう時間となったようです。3時からは大浴場も使えるようになり、昨日の疲れをとることができました。そして、時間のあいた夕食後は、旅行委員の発案により急遽大カラオケ大会が開かれました。参加は自由でしたが、200人以上の生徒が集まり大いに盛り上がりました。ここでも生徒の若者らしい熱いエネルギーを感じることができた1日でした。

 朝食前にクラスの集合写真撮影。風雨のため海岸ではなく室内で取ることになりました。クラスによってはクラスTシャツで団結力を示していました。

 

 

朝の出発時。タクシーの運転手さんとあいさつを交わし、いざ、美ら海水族館へ。 

 

夕食の様子。クラスに分かれて円卓でいただきました。食事後の片付けも完璧です。

 

 

 

 急遽企画された旅行委員会主催の大カラオケ大会。大変盛り上がりました。

 

 

最後は担任の先生も飛び入り参加で会場がひとつになりました。

 

 
 
(3日目)

 台風は東の海上を北上し、曇り空で強風だけが残るような天気でした。雨が落ちていないだけで「良かった」と感じるのは比較の問題でしょうか。
 3日目は、クラス毎にバスで移動し、首里城から国際通り見学というコースです。

 守礼門。強風のため、「守禮之邦」の扁額がはずされています。
 

 歓会門付近の様子。
 
広福門付近から那覇の町並みを記念撮影。 

 
正殿は改装の途中で右側と左側の色が違っていました。その前で記念撮影をするグループも数多くありました。
 

 
国際通りをグループ別で買い物と昼食。
 
 
県庁前から那覇空港へ。クラス毎にバスで移動。
 
那覇空港に集合。飛行機への搭乗を待ちます。

 那覇空港では「まだ帰りたくない」との声があちらこちらから聞こえてきました。でも「もう少し」と感じるくらいで帰るのがちょうどよいのかもしれません。
 台風により予定の変更を余儀なくされた思い出深い修学旅行となりました。 

脳科学者・茂木健一郎先生による文化講演会開催

 本校では、「明日の世界を創造する品格あるリーダーの育成」を教育目標としています。その意識を高める取組の一つとして、毎年、全校生徒を対象に著名人による文化講演会を実施しています。
 今年度は、10月18日(月)午後1時30分から、脳科学者の茂木健一郎先生を講師にお招きし、「脳を活かす勉強法」をテーマに御講演をいただきました。
 質疑も含めて約90分でしたが、茂木先生は、非常にエネルギッシュに生徒たちに話しかけるように御講演をしていただき、生徒たちは「元気」になったと大変好評でした。
 「天才は努力のしかたを知っていて、ものすごく努力している人である」「人は脳が潜在的に持っている力を使っていない」「ある行動がうまくいくと脳でドーパミンが出るが、そのとき、その行動が強化される」「勉強の課題は自分で決めろ」「時間を管理することが大切。勉強する時に、横に時計やストップウォッチを置いておこう」「時間を決めて勉強する。これは自分と契約することである。」「決められた時間に全力で行うようにすれば、はっと気づいたときに1秒後に修正できるようになる」「ユーモアが大切」「本当のエリートとはリスクがとれる人」など、数々の貴重な言葉をいただきました。
 
 
 

中国内蒙古自治区フフホト第2中学が来校・交流

 本校は、国際交流を積極的に進めており、オーストラリアと中国の姉妹校とそれぞれ相互交流を行っています。
 今年度は、8月に本校生徒が中国内蒙古自治区フフホトを訪問し、フフホト第2中学校の生徒の自宅にホームステイしました。フフホト第2中学校は日本の高校に相当する学校で、内蒙古ではトップレベルの進学校です。そして、10月10日から約1週間、フフホトの生徒が本校を訪問し、本校生徒の自宅にホームステイしました。フフホトの生徒たちは、本校の授業への参加、生徒会や部活動との交流、市長訪問、こいのぼり製作、本校生とともに日本科学未来館でのグループ学習など、様々な交流・体験をし、充実した日中交流ができました。
(本校での歓迎会)             (異文化理解の授業体験)
 
(生徒会との交流)           (部活動交流で中国の歌を歌ってくれました)
 
(加須市長表敬訪問)

第1回学校説明会を開催

 本校では、毎年10月と11月に学校説明会を実施していますが、今年度第1回学校説明会を10月9日に実施いたしました。
 
 当日は雨天で、外の部が活動できないなど、あまり良い条件ではありませんでしたが、中学生とその保護者約720名が来校いたしました。
 《実施内容》
   ・全体会(ビデオ・スライドによる学校紹介、学校概要説明など)
   ・校内見学、部活動見学
   ・個別相談
 今年は、生徒会役員の相談コーナーを用意し、校内各所にいる在校生のアシスタントの生徒とともに、在校生から直接話を聞くことができる機会を充実させました。
 なお、第2回を11月6日(土)に同じ内容で実施いたします。
 お申し込みは、こちらから
 
(全体会 スライドによる不動岡高校の一日の紹介)  (全体会 校長あいさつ)
     

 1年Fプランでモデルディベートを実施

 本校では、総合的な学習に時間を「Fプラン」と呼び、進路学習や小論文学習、各種講話・講座などを実施しています。
 1年生の後期ではディベート学習を行うこととし、10月7日(木)に在校生と卒業生によるモデルディベート、立教大学の松本茂教授の講義を実施いたしました。
 ○モデルディベートの論題
  「日本は、移民政策を大幅に緩和すべきである。是か否か」
 ○立教大学教授 松本茂先生の講義
  「思考力を高めるディベート活動」
モデルディベートの様子
(肯定側立論)                                            (肯定側への質問)                             
 
(否定側立論)                    (否定側への質問)
 
(熱心にメモをとる聞き手の生徒)
 
(立教大学教授 松本茂先生の講義)
 

校長講演会「めざせ!勉強と部活動の両立」

9月29日(水)、本校の門谷修二郎校長が希望生徒約300人に向けて講演を行いました。部活動をがんばる不動岡生のために約1時間、校長先生自らの熱い思いを語っていただきました。、
  
《講演の内容》
 ◇高校生という人生の時期は何をするのか。
   ・大人になるための基礎基本を仕上げる
    (人生を生き抜くための基礎力を培う)
   ・高校時代にしかできないことに燃える
    (インターハイの出場権は高校生にしかない)
   ・勉学と部活動にかけるのは高校生のあるべき姿
 ◇部活も勉強も何でも要は同じ。
   ・最初はだれでも初心者(素人)である
     まねぶ 繰り返す 考える 工夫する
   ・人の成長は埃と同じである(目には見えないが、着実に身につく)
   ・若者の成長は階段のようなものである(ある時、一気に化ける)
 ◇勉強と部活動を両立するには
   ・限られた時間を有効に使おう
   ・切り替えて、今この時の集中力を高めよう
   ・1科目1冊主義に徹しよう
   ・切磋琢磨しよう
   ・頑張ってる自分にご褒美をあげよう
 
 ◇おわりに
   ・あきらめないこと
   ・思わない夢は叶わない 心に描く夢だけが叶う
 
 

外国語科オープンキャンパス開催!

 6月5日(土)、6日(日)は本校の文化祭ですが、文化祭に先立ち、外国語科オープンキャンパスを開催いたしました。約180名の中学生とその保護者が参加しました。全体会で外国語科の説明、外国語科在校生の話などの後、体験授業を受けていただきました。

(体験授業 LL)
 
(体験授業 フランス語)
 
(体験授業 ドイツ語)
 
 
(体験授業 中国語)

8月の体験入学と、10、11月の学校説明会受付を開始しました

8月25日(水)に行われる体験入学の申込受付を開始しました。締切は7月9日(金)です。
参加を希望される方は早めにご登録ください。
 10月9日(土)と11月6日(土)に行われる学校説明会の申込受付を開始しました。
第1回の締切は9月28日(火)、第2回の締切は10月29日(金)です。
参加を希望される方は早めにご登録ください。

6月3日 体育祭 終了しました!

 第58回体育祭は、保護者等約530名が見守る中、大盛況のうちに終了いたしました。優勝はE団(3年5組、2年1組、1年2組)でした。また、応援合戦に対して、保護者の投票による団結賞はG団(3年7組、2年7組、1年5組)が獲得しました。快晴の下、生徒会体育祭パートのスムーズな進行、運営、生徒一人ひとりのがんばりによって、すばらしい体育祭となりました。
(男子騎馬戦 団長戦)
 
 
(団対抗リレー)

6月3日 体育祭 午後の部が始まりました!

 午後の部は「応援合戦」から始まりました。大勢の保護者が見守る中、各団の応援ダンスが行われ、体育祭は、午後の部に向けてさらに盛り上がりを見せています。今は、ねずみ算リレーが行われており、そのあとに女子棒取り、男子棒倒し、女子騎馬戦、綱引き決勝、男子騎馬戦、団対応リレーと続きます。
(応援合戦)

 
 
 
 
 
 
 
 

6月3日 体育祭 盛り上がっています!

障害物リレー、回旋フットボールリレー、綱引きと競技は続き、盛り上がっています。今、100M走を行っています。100M走で午前の種目は終わりです。午後は12時25分「応援合戦」から始まります。
(回旋フットボールリレー)

(白熱の綱引き)

平成22年度学校祭の日程

 今年度の学校祭は以下の日程で行います。
  6月3日(木) 体育祭(雨天順延)8:50?16:15 ※保護者のみ公開
  6月5日(土) 文化祭第1日 11:00?16:00(受付は15:30まで)※一般公開
  6月6日(日) 文化祭第2日 9:15?15:30(受付は15:00まで)※一般公開
 
 なお、来客用の駐車場はございません。公共交通機関を御利用ください。また、近隣のスーパー等の駐車場の利用はなさらないようお願いいたします。

「EUがあなたの学校にやってくる」講演会

 昨年平成21年度に引き続き、今年度も、EU(欧州共同体)加盟国の外交官による講演会が、下記のとおり、実施されました。
 1 日時  平成22年5月11日(火) 14:30?15:30   2 場所  本校不動岡ホール
 3 講師  ルーマニア大使館アタッシェ(広報・文化担当) Ms.アンドレア・ブクナル
 この講演会は、駐日欧州連合代表部(東京都千代田区)が、日本の高校生を対象に、日本とEUの関係やEUについての理解をより深めてもらうことを目的として、平成19年度から毎年5月に実施しているものです。本校では、生徒が世界情勢に目を向ける一助とするために、この事業に積極的に参加し、平成21年度は、ブルガリア大使館の外交官が来校しました。
 今年度の講師のアンドレア・ブクナルさんは、流暢な日本語で、様々な資料を示しながら、EUの歴史、経済、教育、文化、自国ルーマニアの紹介など、分かりやすく丁寧に説明をしていただきました。生徒は、メモをとりながら熱心に説明に聞き入っていました。最後に、生徒会長がお礼の言葉を述べ、御礼の花束を贈呈して終了しました。
(生徒の感想)
 「日本は島国なので、ヨーロッパのように陸続きで国がある地域の考え方が理解できる良い機会でした。」
 「EUでは留学制度も整っていると聞いて、今までEUに対して経済面でのイメージが強かったので、話を聞いて少し意外でした。日本もアジアの国々ともっと協力した方がいいと思います。」
「日本から距離的に遠いEUですが、とても身近に感じられました。日本は外国と隣接していないので、本当の意味での異文化の受容ができていない気がしました。ますます異文化と交流できるといいなと思いました。」
 
 
 
 

平成22年度 第125回入学式挙行

4月6日(火)に県内の公立高校では最も早く入学式を挙行いたしました。普通科325名、外国語科41名の計366名が入学許可を受けました。
 入学式の様子(クリックしてください)
    ↓
 
  ※入学式の様子がテレビ埼玉で放映されました。

「ポプラよありがとう」・・・ポプラとのお別れ会

 3月16日午後2時から、本校でポプラとのお別れ会を行いました。
 当日は、生徒会を中心に生徒有志、卒業生、旧職員の方々など多くの方の御出席をいただきました。
 約半世紀にわたり本校を見守り続けてくれたポプラに、感謝を込めて全員で校歌を斉唱し、お別れを告げました。
 なお、ポプラは3月19日から伐採を開始しますが、北側の健常な1本を記念として残すこととなりました。
 また、今後の植樹については、生徒、本校関係者の方々と相談して決めていく予定です。
 
 
 
 
 

ポプラ並木とのお別れ会

 本校のポプラ並木の伐採については、ホームページ等でお知らせをしておりますが、3月16日から伐採が開始されることになりました。伐採に際して、本校及び生徒会が中心となって、下記のようにお別れ会を実施いたします。御都合のつく方は御参加ください。
 
  1 日時  平成22年3月16日(火)午後2時00分から
  2 内容  ?校長あいさつ ?生徒会長あいさつ
         ?来賓あいさつ ?校歌斉唱
         ?写真撮影