ニュース

ニュース

虫眼鏡 「Find My VISION」プログラム説明会

7/201年生向け社会課題解決型プログラム「Find My VISION」の説明会を実施しました。このプログラムは本校Fスタディ部とアイ・シー・ネット株式会社が協力して企画しました。集まった1年生は、卒業生による「課題研究の魅力」、在校生の「課題研究を始めたきっかけ」など先輩の体験を真剣に聞いていました。2学期にはフィールドワークも予定されています。不動岡の新たな探究活動を今後もこのニュースで発信していきます。

   卒業生のプレゼン

 

会議・研修 JICA講演会「SDGsを探求する」

7月8日(木)先週に引き続きJICA東京の方に講演いただきました。

講師は元ニカラグアの青年海外協力隊員JICA埼玉デスクの矢田部建佑さんです。

「SDGsを探求する」と題して、探求に必要な3つの視点「鳥の目、虫の目、魚の目」をSDGsの各テーマを切り口にお話いただきました。

密になれないので体育館での講演となりましたが、生徒はメモをとりながら真剣に聞き入っていました。

今後はグループに分かれて、居住地域の課題をSDGsと関連させて設定し、研究していきます。

! JICAが不動岡にやってきた!

7月1日、2年生対象の「地域課題研究」(全体会)が行われました。

「地域課題研究」とは、生徒が住んでいる地域の課題をテーマに設定し、グループで解決策を考えていく「総合的な探求の時間」の2年生プログラムです。

 今年度は県教育委員会の「学校地域WINーWINプロジェクト」に参加し、JICA東京(独立行政法人国際協力機構東京センター)と連携し、SDGs(持続可能な開発目標)の観点を取り入れ、研究に深みを出すことを目指しています。新型コロナ感染症の影響で、JICA東京の職員森田様に、録画動画を作成してもらい、各クラスで視聴し、SDGsの概要を講義いただきました。

SDGsの説明と17の目標(パワーポイントスライドから)

       

 JICAと県内企業やNGOとの連携  2030年の加須をイメージし自分事として捉える

7月8日は実際に来校いただき、SDGsのことだけでなく、課題発見の方法を「鳥の目、虫の目、魚の目」の観点から講演いただきます。

会議・研修 新転任者対象研修会を実施しました。

このニュース欄はほぼ3ヶ月ぶりの更新になります。

6月18日(木)放課後、今年度新しく来た先生を対象に、令和4年度からの新教育課程についての研修会を実施しました。通常の本校の研修会は話し合いなどを使いますが、コロナの関係で距離をとりながら、マスクを着用しての研修会となりました。Fudooka5.0、L.A.、CCUなどなじみのない言葉がたくさん出ましたが新教育課程への理解が深まった研修会になったと思います。

来週からは通常登校になるので、徐々に校内で行われていることを発信していきたいと思います。

令和元年度SS地学野外実習

令和元年度のSS地学野外実習は、3回実施しました。

SS地学野外実習は、日帰り、バスでの移動です。各回とも20~25名の希望者を募集して実施しています。

1回め 6月23日(日)「城ヶ島で地学」神奈川県城ヶ島を一周し、地形、地質構造、堆積構造を観察しました。

2回め 8月30日(金)「浅間山で地学」活火山浅間山、鎌原観音堂(浅間山北麓ジオパークの方による解説)、榛名山噴火による軽石の露頭・黒井峯遺跡(渋川市教育委員会の先生による案内と解説)と見学しました。

3回め 10月20日(日)「葛生で地学」佐野市葛生地区の石灰岩採石場跡を栃木県立博物館の先生による案内で化石採集、葛生化石館では学芸員の先生による化石研磨を体験しました。 

城ヶ島 馬の背洞門にて

▲城ヶ島 馬の背洞門にて

▲渋川市黒井峯遺跡にて

▲佐野市石灰石採石場跡にて