お知らせ

ニュース

東京大学研究室訪問(11/14)

11月14日(火)東京大学本郷キャンパスを1年生9名が訪問しました。

まずは、赤門前で記念撮影。

その後、東京大学大学院理学系研究科 教授 鍵 裕之先生の研究室と、教授 平田 岳史先生の研究室を訪問し、講義と施設見学を行いました。

 

鍵先生の研究室では、地球を構成する物質について研究を行っています。地球の中心部の鉄には水素原子が含まれているというお話はとても興味深かったです。どのように含まれているかはまだわからないそうなので、今後解明されていくことが楽しみです。高圧下での氷の結晶を作る実験をしました。普通の氷は水に浮きますが、高圧下で作られた氷は水に沈み結晶構造も違っていました。

平田先生の研究室では、宇宙の歴史から太陽系の歴史について講義をしていただき、太陽系には他と比べて非常に多い原子が存在しているというお話を聞きました。それがどうしてなのか、とても興味深かったです。隕石にレーザーを当てて出てきたウランと鉛の割合から、隕石の年代測定をしました。ほんの数秒で年代測定ができることに大変驚きました。

最新の研究に触れ、大学のことや大学院の話など、多くの話をしていただき、大変有意義な時間となりました。

先生方、TAの皆さんありがとうございました。

普通科2年道源結衣さん、埼玉県高等学校英語スピーチコンテスト 銅賞受賞!

11月14日、さいたま市立大宮国際中等教育学校にて「埼玉県高等学校英語スピーチコンテスト」が実施されました。

本校は毎年出場しており、今年は学校代表として2年2組道源結衣さんが出場し、銅賞を受賞しました。”Speak Simply, Act Kindly”というタイトルで、自身がボランティアとして外国人向け防災講座のボランティアをした経験をもとに「やさしいにほんご」の必要性について、表情豊かにスピーチを披露しました。このスピーチコンテストに出場するに当たっては、夏休みから原稿の推敲を重ね、ALTの先生方にもご指導いただきました。日頃のスピーチの練習後は、部活動の練習にも参加し、部活とスピーチの練習、そしてもちろん学業との両立を図りながら努力を重ねていました。これからの活躍も期待されます!

「EUがあなたの学校にやってくる」講演会 在日リトアニア大使館外交官 アイステ・シャドゥイキエネ様

令和5年度11月9日、2年生探究活動の「異文化理解」選択者を対象に、在日リトアニア大使館外交官 アイステ・シャドゥイキエネ様よりご講演いただきました。日々国際会議に参加し、グローバルに活躍する異文化理解のスペシャリストから直接お話をいただく貴重な機会でした。

EUの創生から現在の世界をリードする存在となるまでの歴史はもちろん、合意形成が難しい世界の中で、歴史的に見れば対立構造にあった27か国の国々が1つになって共同するという意義について、生徒たちは感じ取ることができたと思います。また、リトアニアの過去と現在をテーマにお話いただく中で、アイステ様の「歴史的に他国からの抑圧にも耐えうる原動力は、リトアニア人としての誇りである」という言葉が印象的でした。

質疑応答では、外交官としてのアイステ様に、現在の不安定な国際情勢の中で差別や偏見をなくすためにできることについて、生徒から質問がありました。その答えの中には、移民を受け入れることを誇りとし、そして彼らの文化を尊重するという、異文化理解が果たせる役割を学ぶことができました。


来週行われる、グループ別の中間研究発表も期待しています。

第34回ポプラカップ英語スピーチコンテスト開催

  

令和5年11月4日、第34回ポプラカップ英語スピーチコンテストが行われました。

これまで多くの名場面を生んできた本コンテストも、本校新体制である普通科のみの1,2年生のスピーカーで争われる史上初のステージとなりました。


テーマは環境、貧富の差、戦争、コミュニケーションなど、グローバル化する世界の中で、明日の未来を切り拓く力強いメッセージやアイデアに満ちたもので、聴衆に新しい視点を与えてくれました。

外国語科3年生MCのもと、数ヶ月に渡る発表準備の成果を存分に発揮し、声の抑揚や表情をはじめ聴衆を惹きつける工夫が随所にあり、レベルの高いコンテストとなりました。

 
結果は以下の通りです。

1位 道源 結衣(2−2)

2位 小林 朝陽(2−4)

3位 田部井 菜那(1−2)

特別賞 

鈴木 稟子(2−2)

武井 壱哉(1−3)

 

第73回高崎市長杯英語弁論大会 本選出場・優勝!

令和5年10月22日、高崎経済大学にて、第73回高崎市長杯英語弁論大会が行われました。本校からは2年8組の町田めぐみさんが出場しました。夏休みからスピーチの準備を始め、英語の原稿と音声を提出してエントリーし、書類審査の結果、予選を通過することができました。本番まであまり時間がない中、中間考査の勉強や部活動、生徒会活動など様々なことに取り組みながら、スピーチの練習を重ねました。直前まで思うようなスピーチができない部分もありましたが、本番に向けて懸命に努力していました。

 大会は大学の講義室で行われ、他の高校生だけでなく大学生もいる中で、緊張した様子を見せていました。しかし、本番では落ち着いてスピーチを行い、選挙での若者の投票率の低さについて、高校生の自分たちに何かできることはないか、自分の考えを堂々と伝えていました。今までで一番良いスピーチだったと思います。皆に自分の考えを伝えたい!という気持ちで参加することに決めた英語弁論大会でしたが、その思い が届いたのか、高校生の部門で見事優勝することができました!高崎市はだるまが有名ですが、何と優勝者は授賞式で大きなだるまに黒目を入れるという体験までさせて頂きました。

 来週11月4日には校内の英語スピーチコンテスト「ポプラカップ」があります。今度は友人や先輩、後輩に自分の考えを伝える番です。今回よりもさらに素晴らしいスピーチが聞けることを期待しています。そして、ポプラカップに出場するすべての皆さんのスピーチを聞くのが今から楽しみです。(英語科)

JICA講演会②(JICA長期研修員 ITA IBOK IBOK 様)

令和5年度10月26日、2年生探究活動の「異文化理解」選択者を対象に、ナイジェリア出身のITA IBOK IBOK様よりご講演いただきました。ITAさんは、母国ではナイジェリア中央銀行に勤務され、国際協力機構(JICA)長期研修員として今年来日、現在立教大学大学院にて国際ビジネスを学んでおられます。なお、今回の講演・質疑応答はすべて英語で行われました。


講演では、ITAさん自身が日本に来て体感したカルチャーショックをテーマとしてお話いただきました。ナイジェリア文化についての深い理解を得ただけでなく、異なる背景や価値観をポジティブに捉えるITA様の情熱とマインドに生徒も感銘を受けました。


その様子は、講演後に質問したい生徒の列が絶えないところからも見て取れました。生徒からは、「文化への異なる視点や考え方は、更に自国の文化が前進するきっかけになることがわかった。」という声が聞かれました。異文化理解を日々探究している生徒にとって、多くの気づきがある貴重な機会となりました。「私達はみんな友達である」というITAさんの前向きで力強いメッセージを受けとった不動岡生の今後の活躍が楽しみです。

10/23【野球部】小学生とのスポーツ交流事業@不動岡小学校

10月23日(月)に不動岡高校野球部は加須市立不動岡小学校の5年生、6年生を対象にベースボール型授業の出前授業を行なってきました。これは県が主催する「埼玉の子ども70万人体験活動」の中のスポーツ交流事業の一環として行なっています。

 不動岡小学校さんとは、2019年度、2022年度とコロナ禍を挟みながらも2度交流をさせていただき、今回で3度目となります。今年度はなんと過去最多の選手21名、マネージャー3名の計24名が参加し、小学生と共に楽しく指導、交流ができました。 


不動岡高校は現在でこそ、総勢33名という人数で活動できていますが、加須市内出身の部員は33名中2名ということで地元の野球部員が非常に少ない状況の中、近隣の学校では単独でチームを組み、大会に出ることが難しいという高校も少なくありません。

 顧問の私自身、これから先の野球界と本校の発展に微力ながら貢献したい気持ちを強く持っており、「野球人口を増やしたい」、「不動岡高校野球部に地元出身者を増やしたい」という思いでこの活動に取り組んでいます。

加えて、教員志望者が減少しているとされる昨今の状況下でも、本校には教員を志望する生徒が多くいます。今回は野球部の生徒のみの活動ですが、他の生徒たちにも「学校現場で指導する」という機会を増やしたいと思っています。今は教員という仕事に興味がなくても、今回のような体験を通じて、教育という仕事に少しでも興味を持ち、教員という仕事を将来の選択肢に入れてもらえればと思っています。実際、今回の参加者の中には教員を志している生徒が複数おり、実際の学校現場を経験したことでより教員になりたいという気持ちが強まった、と言ってくれています。

選手たちの普段の部活動や授業では見せない意外な一面も見られ、非常に有意義な1日になりました。10月31日(火)には加須小学校でも出前授業を行わせていただきます。

今後も引き続き、野球の普及活動を行なっていきます。小学生の野球チームなどで高校生と交流したいというチームがございましたら、遠慮なくご連絡ください。可能な限り対応させていただきます。(野球部顧問)

10/18 徒歩ラリーが行われました

快晴の下、徒歩ラリーが行われました。

羽生スカイスポーツ公園まで往復で約18㎞を、全校生徒で歩きました。

道中キヤッセ羽生に立ち寄り、ソフトクリームを食べたり一休みしたりと、生徒たちは楽しそうに過ごしていました。

羽生スカイスポーツ公園到着後は、クラスごとでの企画や生徒会のお楽しみ企画などで大いに盛り上がりました。

中間テスト開けで、生徒たちもしっかりリフレッシュできたようです。

総勢1000人を超す人数での開催ですので、近隣住民の皆さんにはご迷惑をおかけしてしまいましたが、無事に終えることができました。

ご協力ありがとうございました。

JICA講演会(JICA東京センター人間開発・計画調整課長 徳田 由美 様)

令和5年10月5日、2年生探究活動の「異文化理解」選択者を対象に、(独)国際協力機構(JICA)東京センター人間開発・計画調整課長の徳田由美様よりご講演いただきました。世界の開発途上国を中心にグローバルに活躍する国際協力・異文化理解のスペシャリストから直接お話をいただく貴重な機会でした。

徳田様ご自身の学生時代や、JICAを目指すきっかけ、貴重な派遣先の写真を交えたエピソードに生徒は興味津々で、メモを取る姿も多く見られました。

講演会後の振り返りでは、徳田様のお話にあった開発途上国の教育の現状と教育の意義についてのグループディスカッションを行いました。生徒からは「教育はその人の人格を形成するかけがえないものだと気付かされた。今の環境に感謝し、ぜひ将来は社会貢献をしたい。」という声が聞かれました。また、徳田様のメッセージの中でも「好きなこと、得意なこと、人の役に立つことの3つの重なることが使命(ミッション)」という言葉が、多くの生徒の心に残る不動岡生へのエールとなりました。

 

本校卒業生による講演会(埼玉りそな銀行 社長 福岡 聡 様)

令和5年9月30日(土)、本校2年生を対象に卒業生による講演会を実施しました。講師にお迎えしたのは、(株)埼玉りそな銀行 代表取締役社長・福岡 聡 様(96回卒)です。埼玉県はもちろん、日本経済を支える金融機関トップから直接お話をうかがう、熱気に満ちた講演会となりました。

福岡様からは、「不知の知」と題し、ご自身の不動岡生時代、銀行に就職したきっかけ、その後歩んできたキャリア等についてお話いただきました。「経済を動かし人々の暮らしを豊かにする『血液』が銀行であり、そこには利他の精神が求められる」とのお話に、大きく頷く生徒たち。そして、「失敗から学ぶ」、「自分のしたいことよりも、道徳的に正しいことを優先する」、という福岡様からのメッセージは、創設者・ 渋沢栄一翁に通じる銀行トップとしての覚悟と矜持に満ちたものでした。

講演後は質問が絶えず、福岡様にはその1つ1つに 丁寧にお答えいただきました。日本経済を支えるリーダーたる先輩の姿に大きな感銘を受けた2年生。こらから進路実現に向かっていくに彼らにとって、福岡 聡 様による本講演会はかけがえのない時間となりました。

 

芸術鑑賞会が行なわれました

9月21日(木)の午後に、久喜総合文化会館で芸術鑑賞会が行なわれました。

文化会館での実施は、コロナ禍以降4年振りです。生徒は午前中は授業を受け、各自で昼食を済ませて文化会館まで移動しました。

今回は和太鼓乱舞performanceZENのみなさんと新垣千里さんによる沖縄音楽の融合ということで、和太鼓の力強い演奏だけでなく、三線による沖縄民謡の演奏と歌唱を鑑賞しました。生徒達は演奏に合わせて手拍子をしたり、歌唱に合いの手を入れたり、一緒に音楽を作り出すことに楽しんでいました。

途中に行なわれた生徒の和太鼓体験では、体験希望者が多く、急遽2グループに分けて実施することになりました。すっかり和太鼓の魅力に引き込まれたようです。

あっという間の芸術鑑賞会でしたが、普段はなかなか耳にすることもなく目にすることもない和太鼓・沖縄音楽に触れることができ、大変充実した時間を過ごすことができました。

和太鼓乱舞performanceZENのみなさんと新垣千里さん、素敵な演奏をありがとうございました。

SDGsボードゲームを行いました(1学年「未来探究」)

9月19日(火)6限、1学年未来探究にて株式会社TOKYO EDUCATION LAB様にご協力いただきSDGsボードゲームを行いました。

SDGsボードゲームはすごろくゲームで日本全国を回りながら、日本や各自治体が実際に直面しているSDGsに関わる課題・問題について学び、プレイヤー同士で協力することで問題解決を行い、ポイントを稼いでいくゲームです。

ゲームの中で、SDGs達成までの道のりを体験でき、今後生徒たちがSDGsを探究していく上で知っておくべき様々な実例や解決への取り組みを知ることができました。今後の探究活動で活用してほしいと思います。

令和5年度地学野外実習②「城ヶ島で地学」

令和5年9月17日(日)、今年度2回目の地学野外実習を実施しました。生徒は総勢29名、大型バス1台、日帰りです。三菱みらい育成財団の助成により参加費(バス代)の負担がないということもあり、希望者を募ったところ、ふだんは運動部で忙しい生徒なども加わり、学年、クラスや部活動を超えた集団で行ってきました。

城ヶ島は三浦半島南端に位置する東西2km、南北500mの小さな島です。隆起してできた岩場の海岸の地層が美しく、様々な地質現象や堆積構造、地形を見学するには絶好の場所です。暑い一日でしたが、島を半周しながら、ポイントごとに観察をしまとめてゆきました。午前10時が干潮でしたので、途中の約1時間は磯での生物観察も行いました。

 

オーストラリア・カフェを開催しました

9月14日(金)昼休みに、本校メディアセンター(図書館)にて、オーストラリア・カフェを実施しました。夏休み中にオーストラリア研修に参加した2年生20名が、オーストラリアの体験をGoogleスライドでまとめたポスターを見せながら、姉妹校(キンガロイ高校)での学校生活やホームステイの体験を小グループで共有しました。現地のスーパーマーケットにて「英語で買い物実習」をした際に購入したオーストラリアのお菓子を少しずつ持ち寄り、カフェに来た1年生にプレゼントするサプライズもあり、どのグループも和気藹々とした雰囲気で、情報交換が行われました。今回のカフェには、60名を超える参加者があり、国際交流への意識の高さが伺えます。今後もこのような海外研修参加者による交流の場を設けていきたいと思います。

 

グローバルスタディーズプログラムを実施しました!

夏季休業中の7月31日から8月4日の5日間、国内留学「グローバル・スタディーズ・プログラム」を実施しました。

参加者は生徒121名、英語ネイティブの講師と米国の大学生及び日本の大学への留学生合わせて22名がファシリテーター、ディスカッションリーダーとして来校しました。彼らの出身国は様々ですが、皆非常に高い見識とコミュニケーション能力を備えた方々で、会場となった不動岡ホールは終始グローバルな雰囲気に包まれました。

"Self-Discovery Challenge"をテーマに、自分の個性や才能を知り、それを活かした社会貢献について英語で考え抜き、発信する5日間。最初は自信のなかった生徒たちも、様々なワークショップを通してディスカッションリーダーたちに自分の考えを英語で表現できるようになり、最終日には全員がプレゼンテーションをやり遂げました。

事後のアンケートでは、プログラム全体に対して98%の生徒が「非常に満足」または「満足」と回答し、今年度も非常に充実したプログラムとなりました。 

【生徒の感想】

・色々な国の人と英語でディスカッションをすることを通じて、新しい考えや夢を得ることができた。それだけでなく、自分の英語に自信が持てるようになったので、とても良い経験になった。これからは、このプログラムで身に付けたコミュニケーション能力や自身の持ち方を学校でも生かしていきたい。

・グループリーダーとの話の中で、自国には子供たちが遊ぶための公園がないと聞き、各国の違いにとても驚いた。自分自身がいかに恵まれてた状況にいるかを知ることができ、もっと世界のことを知りたいと思った。そのためにも、外国の方と話ができるように、留学にもチャレンジしたいと思った。



1学年 ニュースリテラシー出前授業を行いました

9月7日(木)に、読売新聞教育ネットワーク事務局専門委員であられる鈴木美潮様をお招きし、ニュースリテラシー出前授業を行いました。

スマートフォンやタブレット端末の発展に伴い、誰もが情報の発信・受信・拡散を容易に行える現代社会において、何が正しい情報か、どうすれば正しい情報か否かが見分けられるのか等、現在の社会状況からニュースリテラシーに至るまで幅広くお話しいただきました。

45分という短い時間ではありましたが、生徒が実際に使用しているSNSでの事例や、ニュース・新聞記事を提示しながらお話しいただいたことにより、ニュースリテラシーについて身近に学ぶことができました。

途中、生徒が講師の鈴木様と一緒に新聞を広げ、新聞の書かれ方やどのような情報が掲載されているかを確認する時間がありました。若者の新聞離れが懸念される中、新聞には、多様で多角的で正確な情報が豊富に掲載されており、リテラシー力を高めるためにも日々新聞に触れてほしいというお話を、真剣に聞いている生徒の姿が印象的でした。

これから1学年は「未来探究」(総合的な探究の時間)の授業において、各自のテーマに基づく探究活動が本格化していきます。タブレットでキーワードを検索すれば多くの情報が瞬時に出てくることでしょう。何が正確な情報なのかを見極める際に今回の出前授業の内容を思い出し、役立ててくれることを願います。 

〔出前授業の様子〕

 

〔新聞を広げ何が書かれているか確認している様子〕

加須市主催「外国人向け防災講座」に、ボランティアとして参加しました!

9月3日(日)加須市主催の外国人向け防災講座に、本校2年生異文化理解選択者の中の希望者がボランティアとして参加しました。

本校131回生外国語科(2019年3月卒業)の生徒たちが作成し加須市に提供した外国人向け防災マニュアルを使用し、加須市在住のインドネシア人の方々に、災害時の対応方法を身振り手振りを交え、やさしい日本語で防災について説明をしました。

水害や地震発生時の避難の方法、また災害時に対する備えについて、加須市から配布されたハザードマップ等も用いて、実際の避難場所の確認などをインドネシア人の方々と一緒に行いました。

講座終了後にも、やさしい日本語や簡単な英語を交えながら、受講者の方々と話し合う生徒の姿が見られました。どの生徒も、防災関係の話だけでなく、インドネシアの文化についてや、日本で生活について、積極的に質問しており、時には笑い声も起きるなど、活発な交流が見られました。生徒にとって、異文化に触れる大変貴重な体験となりました。今後も、このような活動ができるよう加須市とも連携を取っていく予定です。

 

 

2学期始業式が行われました

本日から2学期がスタートしました。

1,2年生は午前中に課題考査(数英国)、3年生は授業を行い、お昼休憩を挟んで午後から始業式が行われました。

残暑が厳しい中での新学期スタートでしたので、始業式は放送で実施し、生徒は各クラスで校長講話等を聞きました。

始業式後には、自転車講習報告や、夏季休業中に実施されたオーストラリア研修報告などがオンライン配信で行われ、対面ではないものの、生徒は代表者の報告をしっかりと聞いていました。

最後に、翌日9/1が関東大震災から100年を迎えることから、「シェイクアウト埼玉」という避難行動訓練を実施しました。生徒は緊急地震速報の放送と避難指示を聞きながら、落ち着いて行動していました。

オーストラリア研修に行ってきました!

7月28日(金)から8月5日(土)にかけて、オーストラリア、クィーンズランド州にあります、本校の姉妹校「キンガロイ高校」へ、2年生20名(引率2名)が行ってまいりました。学校を上げての温かいおもてなしを受け、生徒・教員一同感動と感謝に溢れる滞在となりました。

キンガロイ高校への訪問は4年ぶりとなり、またこれが本校にとってもコロナパンデミック後、初めての海外研修の実施となりました。様々なことを想定し準備周到に旅立ちましたが、緊急事態は一つも起こることなく、全員無事で何より楽しく、のびのびとホストファミリーとの時間を過ごすことができました。

28日(金)緊張の面持ちで成田を離陸しましたが、ゴールドコースト観光を経て29日(土)夕刻にキンガロイに到着し、週末をホストファミリーと過ごすと、生徒たちは積極性を増していました。歓迎の全校集会では、全員が全校生徒1200人の前で、堂々と英語で自己紹介を行いました。中には、気の利いたジョークを交え笑いをとる余裕がある生徒もいました。授業中においても、挙手をして発言したり発表したりする姿があちこちで見られ、ホームステイを通して、英語力と度胸を身に付けたようです。

8月4日(金)早朝、キンガロイを出発。ホストファミリーと別れがたく、皆大粒の涙を流しながらサヨナラをしました。朝靄の中を、不動岡の生徒が乗るバスに手を振りながら、走って追いかけてくるキンガロイの生徒が沢山おり、友情の深さと絆を感じる美しい光景でした。生徒にとって、一生に一度のかけがえのない出来事になったように感じます。

キンガロイ高校に泳ぐ鯉のぼり

Bunya Mountains遠足で熱帯雨林を散策

小学校で日本文化紹介

キンガロイでの英語特別授業

 

グリフィス大見学。野生生物保護センターにて

7/19 終業式が行われました

1学期も終わりを迎え、終業式が行われました。

併せて、各部活動の表彰やスポーツ大会表彰、全国高等学校総合文化祭に出場する新聞部の壮行会、本校に5年間勤務されたALTのジュリア先生とのお別れ会も行われました。

放送部の協力のもと、Fホールからのオンライン配信で行われ、生徒は各教室で視聴していました。

今日から夏季休業が始まりますが、同時に夏季補習もスタートします。

1・2年生は、今日から1週間の国数英の午前中3コマ(任意参加)、3年生は進学に向けお盆期間を除く4週間の補習がスタートです。

この夏を乗り切り、生徒が大きく成長することを願います。