お知らせ

ニュース

11/14 第73回埼玉県高等学校英語スピーチコンテスト 金賞 第3位 普通科2年 伊藤優太朗さん

11/14(月)に行われた第73回埼玉県高等学校英語スピーチコンテストにおいて、本校普通科2年の伊藤優太朗さんが3位に入賞し、見事金賞を受賞しました。当日は埼玉県内の高校28校が本校の不動岡ホールに集い、それぞれ素晴らしいスピーチを披露しました。

伊藤さんのスピーチのタイトルは「What a Mask Reveals」。

コロナ禍でマスクをするのが当たり前になった社会情勢から、同調圧力への疑問、個人の行動をそれぞれの意志で決定する重要性を訴えました。これまで何度も練習をして当日を迎え、本番は堂々としたスピーチをすることができました。

原稿を書く段階から当日まで、努力してきた成果が実りました!

惜しくも関東大会への出場権は逃しましたが、英語科としても嬉しいニュースとなりました。

11/12-13 EV×未来社会創造ワークショップin日光に参加しました

11/12-13 EV×未来社会創造ワークショップin日光に本校2年生の3名が参加しました。

SDGs×探究学習を、フィールドワークを通して行います。

まず生徒たちは半日間の周遊時間が与えられ、学校ごとに立てた周遊計画に沿って日光を観光します。

移動は「徒歩・バス・AIタクシー・シェアサイクル・グリーンモビリティ」など、CO2を排出しない、車以外の交通手段を組み合わせます。その後、実際にそれらを使ったことで発見した観光上の課題を整理し、翌日のディスカッションでそれらの課題の解決策を考えました。

東京大学、JTB、電気自動車普及協会など、各方面のプロフェッショナルな方々の講義やご助言を経て、不動岡チームは「アウトドア体験&宿泊プランin奥日光」という旅行プランを発表しました。

サステナブルツーリズムについて理解が深まったのはもちろんのこと、他校の生徒の案を聞いたり、様々な大人の方との交流が参加者の大きな刺激となったようです。今回の学びは、本校の探究学習「地域課題研究」などに繋がります。

発表の様子

大人の方々から助言をもらっています

日光は紅葉が綺麗でした

10/19-20『世界津波の日』2022 高校生サミットin新潟 に参加しました

去る10/19-20に新潟県朱鷺メッセで開催された『世界津波の日』2022 高校生サミットin新潟 に本校2年鈴木歩理さん、前島杏紀さんが参加し、「Protect yourself from flood damage with the power of connection」というタイトルで英語プレゼンテーションを行いました。

毎年11月5日は「世界津波の日」とされており、津波の脅威と対策について理解と関心を深めることを目的とし、2005年12月に国連総会において制定されました。

その翌年から毎年、日本国内で高校生サミットが実施され、世界各国から高校生が集まり、津波の脅威と対策について学び、共同宣言を発表しています。コロナによる2年間の延期を経て、今回新潟でサミットが開催されました。

加須市のような内陸部に生活する私たちでも直面しうる水害について、夏前から調査・研究を行い、当日は堂々と英語プレゼンテーションを行い、トンガの学生からの質疑にもしっかりと答えていました。

このように不動岡高校には、学外で英語でプレゼンテーションを行い、日本国内外の学生と英語で交流する活動も用意されています。日頃の学習の成果を発揮していた2人、これからもさらに知見を広げてほしいです。

 

ss化学実習講座「東京大学研究室訪問」

2022年11月11日

東京大学大学院理学系研究科付属地殻化学実験施設の鍵研究室と平田研究室を訪問し、

講義と研究内容の説明を聞き、研究室を見学しました。

黄色く色づいた銀杏並木を通って安田講堂前に行き、記念写真を撮りました。

鍵裕之教授による講義を聞き、現在行っている研究の内容や実験で使用している機器の説明などをしてもらいました。

常温、高圧化で氷を作る実験をしました。

液体の水より重い氷の結晶に興味津々です。普通の氷とは結晶の形が全く違っていました。

平田岳史教授の講義を聞きました。

超微量元素の分析に関する実験の説明を聞き、宇宙の中でどのように様々な原子ができてきたのか、まだまだ解明されていないことが多いことを知りました。また、同じ技術が医療分野でも応用されていることに驚きました。

最先端の研究に触れ、大変有意義な時間となりました。

ss化学実習講座「化学の目で地球を理解する」

10月29日(土) 13:00~16:00

東京大学大学院理学研究科 鍵裕之教授に講義と実習をしていただきました。

大学院生3名と、大学生1名の方がTAとして手伝いに来てくださり、丁寧に教えていただきました。

地球温暖化に対する二酸化炭素の話をしていただき、海水中に炭酸カルシウムが沈殿すると二酸化炭素が減るのかどうか実験で確かめました。答えは・・・考えてみてください。答えが知りたい人は、実習に参加した生徒に聞いてください。海水の循環の話や海面上昇の話などしていただきました。海水のpHの変化について実験とルビーの合成の実験を行いました。

今まで知らなかったことを知る良い機会となりました。また、TAの方と様々なお話を聞けて大変有意義な時間となりました。

修学旅行4日目

修学旅行の最終日となりました。

最終日はクラスごとに保津川下りや嵐山、清水寺、北野天満宮などを楽しく散策しました。

 

中学3年生の頃、楽しみにしていたのに行くことができなかった修学旅行。

生徒が作成した修学旅行の新聞の中に「中三のリベンジ」というタイトルのものがありました。そのタイトルを見て、我々教員が「生徒のためにも何とか修学旅行を実現したい」という思いを強くしたことは間違いありません。

今回多くの生徒にとって、リベンジを果たすことができた修学旅行となったのではないでしょうか。修学旅行は高校3年間で1度しかない学校行事であり、生徒たちにとっては高校生活で一番思い出に残るものです。その修学旅行を実施することができ、我々教員も一安心です。

 修学旅行の思い出を胸に、136回生は最上級生に向けて、さらに成長し続けていってくれるはずです。我々教員も彼らの成長を楽しみにしています。

修学旅行3日目

本日、修学旅行3日目を迎えました。

USJに行けるということもあり、4日間の中で生徒が一番楽しみにしていた日だったのではないでしょうか。

楽しみな気持ちを抑えきれなかったのか、朝も定時より早く出発していく班が多くありました。

 

  

 

帰ってきた生徒は疲労感がありながらも、充実した顔をしていました。

明日は最終日、クラス別行動となります。最後の最後まで楽しい修学旅行にできればと思います。

修学旅行2日目

修学旅行は本日2日目を迎えました。

安芸グランドホテルを出発し、宮島・京都・大阪へと向かいました。厳島神社、南禅寺、清水寺で楽しそうに活動する姿が見受けられました。

 

 

明日は、生徒が4日間で一番楽しみにしているであろう1日です。最高の1日にしてもらえればと思います。

修学旅行1日目

本日から2年生は関西・広島方面への修学旅行に向かいました。

今の2年生は、中学3年生の時に行くはずだった修学旅行に行くことができなかった生徒がほとんどです。そんなこともあり、我々学年団としては、「何が何でも修学旅行に行かせてあげたい」という強い思いを持って修学旅行の準備をしてきました。夏休み、全国的にコロナウイルス感染者数が増加するなど、「もしかしたら、また・・・」というような思いが頭をよぎることもありましたが、何とか初日を迎えることができました。

 

本日は、東京駅に集合し、新幹線で広島へと向かいました。広島では平和記念公園、平和記念資料館で平和学習を行い、平和の尊さを学びました。現在の広島から想像はできませんが、1945年8月6日の広島で起きたことは、実際にあった出来事です。日常が一瞬で吹き飛ぶ恐怖、原爆が落とされた後の悲惨さは、これから先、二度とあってはならないことです。

ただ、人ごとではないようなことが世界に目を向ければ起きています。そんな今だからこそ、今回生徒たちが広島で学んだことには意義があるのではないでしょうか。今日の平和学習を忘れず、当たり前に過ぎていく日常を大切に過ごしていってほしいと思います。

 

 明日は、広島から各班に分かれ、班別研修をする予定です。

SS物理ユニット授業「はかる!」発表会

SS物理ユニット授業「はかる!」の発表会を2年生物理選択者を対象に実施しました。「はかる!」では理化学研究所仁科加速器科学研究センター長櫻井博儀様にご指導を頂きました。

 

生徒は発表会に向けて、1学期に「櫻井先生による講義」、夏休みに「各班によるゼミ講座」、2学期に「発表会」というスケジュールで準備をしてきました。櫻井先生からは「物理学とは世の中の森羅万象を記述する学問である」ということを教えていただきました。生徒は課題研究を通して、物理学という学問を深めてくれたと思います。発表会ではユニークな発表が続きました。

 

櫻井先生からは「スライドにまとめる力と物事を定量的に説明できる力が伸びてきている」とご講評を頂きました。「はかる!」に限らず、各教科での課題研究の取り組みが、成果として表れているものだと感じています。