ニュース

ニュース

お知らせ 異文化理解発表会(外国語科2年)

2月20日本校不動岡ホールで行われました。

異文化理解は外国語科2年生だけの科目で、4名ずつ10班に分かれ、各班で異文化に関するテーマを決め、1年間研究をします。防災情報、食べ物や住まいといった多彩なテーマを扱いました。

大東文化大学のジェームス・マクロスティ教授にも御参加いただきました。

外国語科の1年生は先輩たちの発表を聞き、来年度の研究に向けてイメージを膨らませていました。

 Fホールを5つに分けて発表    発表、質疑は全て英語  大東文化大学マクロスティ教授の講評

お知らせ 生徒研究発表会リモートで実施しました。

2月3日(水)に本校で開催しました。不動岡ホールで発表をし、それを各教室に配信するという形をとりました。リモート形式にも少しずつ慣れてきました。コロナ禍ではありますが、10本の発表はそれぞれの代表にふさわしい内容でした。

     発表を待つ生徒   発表スライドと発表者を教室に配信    発表はFホールで

   虹に関する研究発表        家紋と数学!?      質問はグーグルフォームで

お知らせ 第2学期終業式(リモート)が行われました。

12月24日(木)不動岡ホール(Fホール)で表彰伝達、終業式、防災講話が行われました。

クロームブックを活用し、各クラスにライブ配信形式で実施しました。

始業式は1月7日ですが、今年の年末年始は遠出をせず、静かに過ごしてもらえればと思います。

      表彰伝達        各クラスにライブ配信      イタリアの避難所の話

お知らせ リモートふくしま学宿開催(第1回)

12月18日(金)に1,2年生25名を対象に実施しました。

今年度も福島県観光交流課とコラボし、ホープツーリズム(震災と原発事故を経験した福島でしか学べない教育プログラム)をオンラインで開催することにしました。

第1回は福島県双葉町出身の石上崇さんを講師にお招きし、前半は福島のイメージ、参加動機、学びたいことなどを共有し、震災・原発事故の概要、復興の現状に関する基礎知識伝達。

後半は、基礎知識を踏まえた気づきなどをチャットを活用しながらグループ内、全体で共有しました。多様な意見に触れることができ、第2回の学びが楽しみになりました。

第2回は1月中旬実施予定です。

お知らせ 教員志望者説明会が開催されました。

12月15日(火)、本校Fホールで1,2年生教員志望者対象70名に説明会が実施されました。今年も県教育委員会、教職員採用課から講師を招き教員の魅力などをお話いただきました。生徒は真剣に耳を傾け、質問も活発に出ていました。この中から未来の埼玉県を担う教員が出ることを楽しみにしたいと思います。