ニュース

ニュース

お祝い 吹奏楽部 西関東大会にて金賞受賞

 去る9月8日(日)、台風15号の影響も心配されるなかでしたが、群馬県で第25回西関東吹奏楽コンクールが行われ、本校は2年ぶりに出場しました。県大会で銀賞を受賞し西関東大会出場を決定した後も、この大会に照準を合わせて日々の練習を重ね大会に臨みました。

 当日もこれまでの練習の成果を発揮して演奏を終えました。結果県大会を上回る金賞を受賞することができました。全国大会出場には及びませんでしたがよく頑張ってくれたと思います。これで3年生は引退となりますが、1・2年生を中心としたまた頑張ってほしいと思います。今後とも応援をよろしくお願いいたします。

SS数学 課題研究発表

 本日、1年生はSS数学課題研究のクラス内発表会を行いました。生徒たちは夏季休業中にグループで数学に関するそれぞれのテーマに沿って課題研究を進め、今回の発表会となりました。質疑応答を含め10分ずつの発表を行い、質疑応答後には相互評価をも行いました。
 どのグループも発表資料を投影しながら発表していました。発表の機会がまだまだ少ないこともあり改善すべき点もありましたが、今後、物理での「はかる!」での発表、総合的な探究の時間での「クエストエデュケーション」での発表等も控えています。今回の発表を各々で反省し、今後の発表に改善したうえで実施してくれると期待しています。

 

 

2学期開始

 本校は本日から2学期が始まりました。午前中に1・2年生は課題考査(国・数・英)、3年生は3時間授業を実施し、昼休みを挟んで始業式を行いました。なお、始業式に先立ち西関東大会への出場を決めた吹奏楽部の壮行会も行いました。
 まず壮行会では、校長先生、生徒会長からの激励の言葉、吹奏楽部部長からのお礼の言葉及び吹奏楽部の演奏、そして応援団の指揮のもと吹奏楽部へ応援歌・エールを贈りました。

 続いて始業式では校長先生からの講話、校歌斉唱、その後、生徒指導主任からの話で終了しました。
 今後本格的に授業が始まります。暑い日が続くと思いますが気持ちを新たにしっかりと学校生活に取り組んでほしいと思います。

 

壮行会

 

 

始業式

 

 

第3回学校説明会実施

 8月24日(土)午後、第3回の学校説明会を実施しました。

 午前中には外国語科のオープンキャンパス及び部活動体験も実施しておりましたので、午前から引き続き参加をしていただいた方もあり、午後からの参加の方もありそれぞれであったとは思いますが、今回も多くの方にご参加をいただきありがとうございました。
 校長や教務・進路担当をはじめとした教員からの概要説明に加え、生徒代表である生徒会長からも生徒の視点で捉えた本校の学校概要説明も行いました。中学生や保護者の方に少しでも本校の特長を知っていただく機会となっていれば幸いです。

外国語科オープンキャンパス実施

去る8月24日(土)午前、外国語科のオープンキャンパスを行いました(今回のみ開催)。
内容は、①全体説明、②授業体験、③個別相談でした。
 
 ①では、校長や外国語科長、外国語科生徒から学校生活の概況を御説明いたしました。
 ②では、英語・ドイツ語・フランス語・中国語の授業を体験していただき、③では個別に御質問を承りました。
 埼玉県には外国語科設置校が複数ございます。本校の特徴は、オーストラリアの姉妹校への派遣をはじめとした海外派遣、逆に海外からの視察や訪問団の受け入れ、大学を中心とした外部諸機関と数多くの連携事業を推進することで、日常的に英語で活動する場面を設定し、社会で通用する語学力の伸張を図っていることです。
 中学生の皆さん、2学期に入っても隔週で土曜公開授業も実施しておりますので本校の外国語科の活動の様子をぜひ御覧ください。御自身の目で学校の特徴を理解し、進路選択につなげていただくよう、宜しくお願い致します。

吹奏楽部 西関東大会出場決定

 8月10日(土)羽生市産業文化ホールにおいて開催された「第60回埼玉県吹奏楽コンクール県大会高等学校Aの部」において銀賞を受賞しました。惜しくも金賞とはなりませんでしたが、9月8日(日)に群馬県で開催される西関東大会吹奏楽コンクールへの出場が決定しました。吹奏楽部は平成29年度にも西関東大会に出場しており2年ぶりの出場となります。ぜひ西関東大会本番に向けて練習を重ね、本番でよい演奏を披露してほしいと思います。

 

エンパワーメントプログラム実施

 今年度で3回目となるエンパワーメントプログラムを8月12日(月・祝)~16日(金)の5日間実施しました。

 アメリカのアイビーリーグに所属している大学の学生等が13名本校に来校し、本校生5人のグループにアメリカの学生が1人ついて、5日間英語漬けで様々なテーマについてディスカッションをしたり、プレゼンテーションをしたりしていました。学生は本校の参加した生徒の家に5日間ホームステイをしていました。

 最初は自信がなさそうに英語で話をしていた生徒も、最終日には自分の将来の夢や今回の研修で得たことなどについて英語でしっかりとスピーチをしていました。

 

 

部活動体験(第3日)

 本日午前、今年度第3回目の部活動体験を実施しました。暑い中にもかからわず多くの中学生に参加をしていただきました。
 進路を選択するうえで勉強面はもちろんですが、部活動の活動状況を知っていただくことも大切と考えます。後日、一部の部活動ではまた部活動体験を実施しますので御確認のうえ参加をご検討ください。

花丸 SSH生徒研究発表会にて、ポスター発表賞

8月6~8日に神戸国際展示場で行われた令和元年度SSH生徒研究発表会(主催:文部科学省、JST)において
化学部(SSC化学班)が「ポスター発表賞」を受賞しました。

文部科学省・報道発表

化学部が今まで行ってきた「会の川」の水質調査や河川の水に人工甘味料が
どれくらい溶けているか調査した結果をポスターで発表しました。

サイエンス教室実施(越谷市科学技術体験センター)

 8月4日(日)に越谷市科学技術体験センターにて,小学生向けのサイエンス教室を行いました!
 サイエンス教室には,SSC物理班,化学班,天文班,数学班が体験ブースを出展しました。たくさんの子供たちに参加してもらい,いろいろな科学を楽しんでもらいました。

 

◆ SSC数学班 「ユニット折り紙」
ユニット折り紙で多面体を作りました。

◆ SSC物理班「指のレプリカ」
石膏を使って,指のレプリカを作りました。

 

◆ SSC化学班「スライム」&「人工いくら」&「冷却パック」
ホウ砂を使って,スライムを作りました。

 

◆ SSC天文班「バブロケット」&「紙芝居」
フイルムケースに入浴剤と水を入れ,フイルムロケットを飛ばしました。

 

花丸 祝 新聞部 全国高校総合文化祭にて最優秀賞受賞

 7月28日から佐賀県において開催されている第43回全国高等学校総合文化祭の新聞部門において、本校新聞部が年間紙面審査賞において、最優秀賞を受賞しました。全国で最優秀に選ばれるのは5校ですがその1校に選ばれました。
 年間3回不動岡高校新聞(ブランケット版4面)を発行、速報版ぽぷらを年間20~30回発行し、一部はホームぺージにアップしています。その年間を通した活動を評価していただいたものと考えます。
※本校の新聞部は、全国高等学校総合文化祭に16年連続で出場しています。

学校説明会

7/27第1回の学校説明会が本校で行われました。
たくさんの中学生と保護者に来校いただきました。全体説明会、生徒による校舎案内、部活動体験、個別相談など本校を知ってもらう良い機会だったと思います。
明日は第2回説明会があります。
8/8には越谷説明会、8/24には外国語科オープンキャンパス、第3回学校説明会も予定されています。本校のことを少しでも知りたい方は本校HPのトップページからお申し込みください。

SSH_プログラミング講習会

 7/25午後、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)のSS情報実験実習講座として「Micro:bitを用いたプログラミング実習」を実施しました。
 今回は埼玉工業大学の井門名誉教授を講師に初心者でも簡単なブロック形式によるプログラミングに挑戦しました。自分の思い通りにLEDが光ると「やったぁ~」の声と笑顔があふれていました。
 実習は急きょLチカ(LED)を点滅させるプログラミングも加えていただき、より科学的な理解が深まるものとなりました。

 

 

夏期補習開始

 今週22日(月)から全校夏期補習が始まりました。
 3年生は、A期(7月22日~26日)、B期(7月29日~8月2日)、C期(8月5日~8月9日)、D期(8月19日~23日)の4期に渡り、朝8時40分から夕方16時40分まで、国語・英語・数学・理科・地歴公民の44講座に延べ1,713名が参加します。補習の合間には集中して自習に取り組んでいます。
 A期には1・2年生も国語・英語・数学の補習が行われています。
 授業さながらの真剣勝負!梅雨明けはまだですがどの教室からも熱気があふれています。
 健康には十分留意して・・・がんばれ!不動岡生!!

    

救急法講習会

7/22午後、加須消防署の方々を講師に招き、本校運動部のマネージャー、今年度着任した教員を対象に講習会を実施しました。参加者はいくつかのグループに分かれ、一人ずつ全員が、倒れている人の発見から、呼吸の確認、胸骨圧迫、AEDの使用法までを体験しました。初めは試行錯誤しながらも、講師や友人、同僚のアドバイスを聞きながら真剣に実演していました。最後に講師から「自信を持って、複数で救助に当たってほしい。」と講評いただきました。万が一の時には勇気を持って学んだことを実行してほしいと思います。

小学生のための理科自由研究講座

 夏季休業に入ったばかりの土曜日ですが、本日の午後、本校において近隣の小学生を対象に夏休みの理科自由研究講座を開講しました。
 これは、本校の理科の教員が近隣の小学生のために、自由研究を進めるうえで少しでも参考になればと今年度初めて開講しました。初年度ということもあり今年度は少数精鋭です。全体会で自由研究の進め方について説明したのち、テーマごとに担当の教員と話をして、今後の研究のアドバイスをさせていただきました。今後は担当教員と進捗状況についてメール等を使いながら確認をさせていただく予定です。

 
 

1学期終業式・表彰式・壮行会

 本日が1学期の登校日となりました。1学期の終業式を実施しました。それに先立ち、部活動や先日実施されたスポーツ大会等の表彰式、この夏季休業中に全国大会に出場する陸上競技部と新聞部、そして放送部の壮行会も行いました。
 明日からは40日余りに及ぶ夏季休業が始まります。今年はまだ梅雨が明けておらず天候が不順ですが、梅雨が明けるとまた一気に暑くなることが予想されます健康にも留意して勉強・部活動等に励んでほしいと思います。特に3年生は「夏を制す」を胸に自分との闘いの熱い夏になります。一人一人の健闘を祈ります。

表彰式
  

壮行会
  
  

終業式
  

夏季支部PTA

 7月13日(土)~15日(月・祝)に恒例の夏季支部PTAが開催されました。本校には支部再編もあり今年度は8の支部があります。各支部が本校を会場として実施する場合と学校外の施設を会場として実施する場合がありますがこの3日間ですべて終了しました。
 天候不順にもかかわらず多くの保護者の方に参加していただきありがとうございました。全体会で学校からは全体の概況をはじめ進路指導、生徒指導からも説明をさせていただきました。その後各学年ごとに分かれ分科会も行いました。
 20日からは夏季休業となりますが、今回の支部PTAでの内容をもとにご家庭においても生徒たちが充実した生活を送れるようにご協力をいただければと思います。

SSH生物実験実習講座「『光る大腸菌』をつくろう!」を行いました。

令和元年6月22日(土)午後および23日(日)午前にスーパーサイエンススクール(SSH)の生物実験実習講座として「『光る大腸菌』をつくろう!」を本校の生物実験室で実施しました。

この講座の目的は、オワンクラゲの緑色蛍光タンパク質(GFP)をコードする遺伝子が組み込まれたプラスミドDNAを大腸菌に導入し、アラビノースオペロンで転写調節を行い、紫外線照射で緑色蛍光を確認する実習をとおして、分子生物学の基礎を体験的に楽しく学習することです。


講座では、まず、2008年ノーベル化学賞受賞の下村脩先生が発見した緑色蛍光タンパク質(GFP)の生命科学への応用、細菌へのプラスミドDNAの導入方法、プラスミドDNAが導入された大腸菌の選別のしくみと遺伝子形質発現のしくみ等について英文スライドで講義を聴き、それらの理解を深めました。


スライドで緑色蛍光タンパク質(GFP)の生命科学への応用や細菌の形質転換の方法などについて学習しました。


続いて大腸菌を用いて形質転換の実習をしました。実習は、生徒自身が方法の意味や目的を思考し、判断し、操作すること、および充実した個別指導ができるよう2人1組で実施しました。実習では無菌操作などの微生物学実験の基本を体験しました。


形質転換させる大腸菌のコロニーをスタータープレートからすくい取り、緩衝溶液に溶かします。



大腸菌懸濁液にプラスミドを加えます。


42℃でヒートショックしてプラスミド導入した大腸菌をプレートに滴下し、広げます。その後、37℃で1日培養します。


講座は3時間半に及びましたが、どの生徒も講義や実習に向き合う姿はとても意欲的で、最後まで集中力を切らさず、熱心に取り組んでいることが印象的でした。


二日目は、前日の操作の結果観察とその考察をしました。まず、培地の種類によるコロニー(細胞集団)形成の有無とコロニーの形態の特徴を観察しました。次に、形成されたコロニーに紫外線を照射して蛍光の有無を確認し、コロニー数を計測して形質転換効率について考察しました。最後に、培地に添加した抗生物質(アンピシリン)や発現調節をする物質(アラビノース)の有無により、コロニーの形成や蛍光の違いが生じた理由を考察しました。


培地の種類による大腸菌コロニーの形成の有無を確認し、スケッチします。その後、コロニー数の計測を行います。



プラスミドDNAが導入された大腸菌は、アンピシリンで選別され、培地に添加したアラビノースによりGFP遺伝子が発現します。紫外線を照射すると緑色蛍光を発します。(写真 後列、左のプレート)


この講座に参加した生徒は、講義および実習で分子生物学の基礎的な知識と技能を学ぶことができました。また、実習で形質転換(遺伝子導入)と選抜、発現の方法を体験したことで、有用な物質を生産するバイオテクノロジー(生物工学)の理解が深まりました。この体験は今後の生物の学習意欲向上や生命科学分野への進路選択につながると思います。


職員研修会

 本日放課後の時間を活用して、本校教職員による研修会を行いました。
 現在教育改革が進んでおり、高校においては新学習指導要領に基づく教育課程の編成、高大接続改革などが関係しますが、改めて「本校の生徒に身につけて欲しい力は何か」をテーマで、KJ法という手法を用いて研修を進めました。
 参加した教員が10のグループに分かれて議論し、最後には代表者がまとまったことを全体にプレゼンテーションし、参加者全体で共有しました。
 限られた時間でしたが、様々な視点による意見や考えを教職員間で共有し、また、本校の取り組むべき方策について共通理解を図ることができ、大変有意義な研修会となりました。