教育課程

不動岡5.0に向けて①

1、目指す学校像

 不動岡高校の校訓の1つに、「進取の気風」があります。創立以来、次世代のリーダーを育成する学校を目指しております。これから迎える「Society 5.0」時代を見据え、現状に留まらず新しい教育を実践し続けます。

 2022年度(令和4年度)から、新カリキュラム(不動岡5.0)による新たな高校教育を実践します。現在、不動岡高校には普通科と外国語科の2つの学科がありますが、これらの壁を取り払い、すべての不動岡高校生にこれまで普通科と外国語科で培ってきた教育を提供したいと考えています。

 新カリキュラム(不動岡5.0)では、高度で多角的な外国語教育・異文化理解はもちろんですが、探究型の学習機会の増加、文系理系の枠を越えた進路選択などの実現を検討しています。

 

2、外国語科のニーズの高まり

 2022年度(令和4年度)から募集停止となる外国語科は、多くの中学生に進学先として希望してもらえるようになりました。近年の入試倍率を見ても、その傾向は確認できます。また、普通科でもSGHやSSH指定校であることが志望理由上位となっております。これらの状況を踏まえ、現在の両学科の良い点を全生徒に提供できるよう学科再編を行うことになりました。

 

 

 

3、学科再編のスケジュール

 外国語科の募集停止は2022年度(令和4年度)からです。それまでは、従来通り外国語科の生徒を募集します。2020年度(令和2年度)、2021年度(令和3年度)入学生は、外国語科のカリキュラムで3年間学校生活を送ることになります。なお、前述の通り低倍率での募集停止・活動縮小ではないため、2020・2021年度入学の皆さんに「募集停止」によるマイナスな影響はありません。むしろ、異文化理解や先進的な英語教育の活動は更に活発になります。

 

 

 

 

アクセスカウンター
0 0 7 4