教育目標

教育目標
質実剛健を尊び、
教育基本法及び学校教育法に
掲げられた教育の目標を踏まえ、

  • 明日の世界を創造する品格あるリーダーを育成する。
  • 科学教育と国際理解教育の拠点校としての教育を推進する。
教育方針

 ア 立志と鍛錬に基づいた誇りの形成

 (ア)自己探求と自己実現に努める力を育成する。

        ① 将来を展望した計画的な進路指導の実施
   ② 自立的に生き、社会の形成に参画するための多様な学習機会の提供

 (イ)他者への貢献を誇りとする精神を育成する。

   ① ノブレス・オブリージュに基づいた指導の推進
   ② 心身の健康の保持増進に関する学習機会の提供

 

 イ 学びに向かう力に基づいた学力と知性の育成


 (ア)確かな学力とイノベーションを生み出す創造力・思考力を育成する。

   ① 将来の専門的な学習を支える基礎的知識・技能の授業での徹底
   ② 創造力や思考力・判断力・表現力を育成
   ③ 主体的且つ協働的に学習に取り組む態度を高めるアクティブラーニングの推進

 (イ)社会の変化に対応できる資質・能力を育成する。

   ① 科学技術の進歩に対応できる科学的リテラシーの育成
   ② 国際化社会に対応できる外国語活用能力の育成と多様性理解の推進
   ③ 情報化社会に対応できる情報活用能力と情報モラルの育成

 

 ウ 責任を自覚し行動する力の形成

 
 (ア)自らの成長を実感し、果たすべき責任を自覚する力を育成する。
 (イ)自らが暮らす地域や国を理解し、課題を解決する力を育成する。
 (ウ)グローバルな視点に立って、国際社会に貢献する力を育成する。